聖心女子大学

聖心女子大学 トップページへ

公的研究費の適正な使用に関する取り組み

聖心女子大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に基づき、公的研究費の不正使用を防止し、適正な運営・管理を行うように努めてまいります。

本学での責任体制等について

本学における各責任者等と権限、及び相関関係は以下のとおりです。


公的研究費の不正防止計画

公的研究費の適正な運営・管理を行うため、以下のとおり不正防止計画を策定しました。


公的研究費の適正な使用・管理の基礎となる環境の整備

研究費の使用・管理について規程等を定め、公正な研究費の使用ができるように体制を整えています。また、構成員に対して誓約書の提出を求めています。


お取引業者の方へ

文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」において、取引業者に対して不正な取引に関与しない旨を定めた誓約書の提出を求められており、本学では一定以上の取引のある場合に、誓約書の提出をお願いすることとなりました。以下の規程および取扱要項とあわせてご確認ください。


聖心女子大学における研究費の運営・管理に関する相談窓口 および公的研究費の不正使用に関する通報窓口

聖心女子大学では、本学における研究費等に係る使用ルール・事務処理手続等に関し、明確かつ統一的な運用を図るため相談窓口を設置しております。 また、公的研究費の不正使用に関する告発又は告発の意思を明示しない相談を受け付ける不正使用告発等受付窓口を設置しております。

Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.