語学研修参加者体験談


(画像は台湾語学研修参加者提供
写真ですが本文とは無関係です)

輔仁大学(台湾)

≪2年 教育/2014年度参加≫

 中国語のみの厳しい授業や毎日の宿題を通して更なる中国語の習得が実感できました。文化の授業では台湾文化に触れ、また現地の学生と積極的に関わったことで普段の生活では得ることが出来ないことを沢山学びました。授業はとても充実しています。毎日出される宿題やテストの量はかなり多いのですが、それを乗り越えれば必ず実力はついてくると思います。2クラスの少人数授業では、文法や発音を細かく見てもらい贅沢な体験ができました。全て中国語しか通じないのでリスニング力をつけるには絶好の3週間であったと思います。

≪2年 史学/2014年度参加≫

 大学生になってから始めた第二外国語圏への研修ということもあってか、渡航して数日は中国語でご飯を買うことさえも難しかったです。しかし、「話そう、聞き取ろう、解らなくても笑顔を忘れずに頑張ろう」という気持ちで取り組むと助けて下さる方やゆっくりもう一度話して下さる方も多く、有難かったです。また、日本と異なる授業に戸惑いましたが、先生方は「解らない」と伝えると何度も説明して下さり充実した授業内容でした。色々な国の学生と授業を受ける中で相手の国を知ることの大切さを感じ、大変良い経験になったと思っています。

≪2年 哲学/2014年度参加≫

 台湾では自炊する文化はあまりありません。そのため毎回外食だったのですが、野菜を食べる機会が少なかったように思います。クラスのレベルは高く焦りましたが、学ぶ機会としては良かったです。授業は文法、会話、文化、コミュニケーションの4クラスがありました。日本人は漢字を既に幼い頃から学んでいるので「見れば分かる」ものが多くありましたが、会話のクラス等リスニング重視のクラスは私たちにとってレベルが非常に高く難しかったです。

≪2年 国際交流/2014年度参加≫

 今回の研修で改めて世界の広さを実感しました。自分がいかに狭い世界の中で生きているのかを感じました。中国語を学んでいる学生の国籍は様々で多くの人が学んでいることに驚きました。留学生はとても友好的で一緒にお昼を食べたり、先生方を交えて食事にも出掛けました。卒業したら大使館で働くというブルキナファソの学生、高校卒業後上海の大学で学びその後輔仁大学へ来たドイツの学生等、中国語を学ぶ理由は様々で自分は中国語を学んで何がしたいのか、改めて考えさせられました。授業では、「読み取れるが聞き取れない」と全ての先生に言われました。日本以外の留学生は「聞き取れるが読み取れない」状況のため休み時間も漢字の書き取りをしたりとても積極的で努力家でした。その姿を見て何となく過ごしていた日本での大学生活を反省し、中国語をもっと頑張ろう、勉強しようと心の底から思えました。

≪2年 日本語日本文学/2013年度参加≫

 想像していたよりハードな授業スケジュールに初めは戸惑いましたが、普段は日本語を使って教わっている中国語の文法を、現地の先生が中国語や英語を使って教えてくれるので、基本的な中国語の表現や、積極的に分からないことは質問する姿勢などが身についたと思います。朝から午後までハードな授業スケジュールでしたが、他国の友人と学ぶ中国語は、日本の机学習よりも何倍も刺激的でした。最後のテストでも、学習したことが発揮できて、短い間でしたが身についたことが沢山あり、達成感も得られました。大人数の授業では、中国語を学びに来ている様々な国の人達と交流しました。彼らは別のプログラムで5か月目の留学でしたが、習った中国語を使いナチュラルに会話が出来ていることに驚かされました。

≪3年 英語英文学/2013年度参加≫

 台湾人の温かさを感じました。アジア圏の日本以外の国に行くことは初めてだったので、客観的にアジアの国を見ることができました。今までは、ヨーロッパの国々に強い憧れのようなものがありましたが、台湾の親日な部分や台湾の文化を通じて、改めてアジアの良さを痛感し、自分自身も、もっとアジア人でいることに誇りを持ちたいと思いました。1週目は、語学が何もかも理解できず大変でした。意外と英語が通じなくて困りました。また、スピーキングの授業がためになりました。先生方が親切だったので、少人数で質の高い授業を   受けることができました。

≪1年 基礎課程/2012年度参加≫

 研修に参加して、今の自分のままでは語学の上達は出来ないと思いました。他の国からの留学生たちと勉強したことで、分からないことは分からないとはっきり言わなくてはならないと改めて思いました。クラスの先生はある程度英語が通じたので、まだ3カ月しか中国語を勉強してない私でもついていける内容でした。私のクラスはフランス人やスペイン人とヨーロッパ系の学生が多かったので基本的には英語での会話でした。ちゃんと交流もできたのでよかったです。

≪2年 国際交流/2012年度参加≫

 輔仁大学では、様々な国から来た留学生達と共に学ぶので、国際色溢れるキャンパスライフでした。中国語はもちろんのこと、台湾の生活文化や日本をどう見ているのかなど、多くのことを学ぶことができました。先生方は皆気さくで接しやすかったです。授業はほとんど中国語で説明されますが、ホワイトボードなどで分かりやすく表してくださるので、とても勉強になりました。また、カリキュラムも文法や文化、会話、発音がありとても充実していました。輔仁大学の学生スタッフが滞在中のお世話をしてくださり、心強かったです。困ったときには親身に対応してくださいました。

≪3年 日本語日本文学/2011年度参加≫

 今まで日本で勉強してきたものが使えた時には、こうやって自ら積極的に使う機会を作り出していくことが大切なのだということを学びました。ただ旅行にいくということでは体験できないようなことが沢山出来ました。どこに行くかも自分たちで決め、またそこにはどうやって行くのか、バスや電車ののり方も日本とは違うので初めは手探りの状態でしたが段々と慣れていき現地のサポートの学生がいなくても自分たちだけでバスに乗れた時はとても嬉しくて、これが生きた学びなのではないかと感じました。

≪2年 国際交流/2011年度参加

 実際に現地に行ってみると、リスニング力の必要性が改めて感じられました。また、学校の先生を始め、お店の方など、台湾の方々がとても優しかったのが印象に残っています。私の下手な中国語でも、こちらが一生懸命話そうとすれば、台湾の方は聞き取ってくれようとして下さったので嬉しかったです。

close