語学研修参加者体験談


(画像はフランス語学研修参加者提供
写真ですが本文とは無関係です)

パリ・カトリック大学(フランス)

≪2年 心理/2014年度参加≫

 授業は全てフランス語で行われ、最初の頃は辞書を片手について行くのが大変でした。しかし、毎日の宿題や復習を欠かさずに行っていると 途中から聞き取りの能力がつき、使われている単語も理解ができて更に頑張ろうという意欲につながりました。授業中分からない単語が出てくると先生がジェスチャー等で教えて下さったので、感覚的に理解できました。

≪2年 国際交流/2014年度参加≫

 自分に合ったクラスに入れたので良かったです。実際には少し自分のレベルより上のクラスに入った感じがしましたが、そのお陰で意欲的に取り組むことができ、最終的には積極的にクラスへ参加できるようになりました。

≪2年 心理/2014年度参加≫

 特に印象的だったのは、出会った殆どのフランスの人々が母国語以外に最低1つの言語をマスターしていて、まるで母国語のように流暢に用いることができるという事実です。日本では母国語以外の言語を操れる人は非常に少ないのですが、フランスでは当たり前のように英語など)の多言語を話していました。フランスに比べて日本国民全体の国際意識の欠乏に改めて気づかされ、母国語しか話せないということが当たり前のようになっている日本社会に少し焦りを感じました。

≪2年 哲学/2014年度参加≫

 私はこの研修を通して、自分がいかにフランス語でコミュニケーションすることに慣れていないかということに気づかされました。大学生になってから本格的にフランス語を学び、フランス語を学ぶ楽しさに魅了されました。哲学を専攻している現在もフランス語講読とオラル両方の授業を履修し、またフランス語検定を受検して力を試してみたところ今度は是非現地に行ってフランス語を使ってみたい!と思い、研修に参加しました。
授業ではクラスに知り合いが一人もおらず、フランス語を話すことに慣れている学生が多かったので戸惑いましたが、日本で授業を受けていただけだと自分がフランス語のコミュニケーションに慣れていないことに気づかないままだったのではないかと考えています。自分の知っている単語が少ないから思っていることが伝わらないと考え、授業中に分からなかった単語や話す時に使いたかったのに知らなかった単語をリストアップし、単語量を増やすよう努めました。そのためフランスに着いた当初より単語も増え、思ったことを伝えることができた時はとても嬉しかったです。ただ1ヶ月で簡単に力がついた訳ではないので、帰国後フランス語の勉強法を改めて見直してもっと会話スキルを身に付けたいと強く考えさせられました。

≪2年 哲学/2013年度参加≫

 日本の授業では、教科書の会話以外でフランス語を話すということを全くしていないため、学校で初めの4、5日は何も話せずとても戸惑った。休み時間も初めは英語しか出てこなかったが、少しでもフランス語を混ぜて話す練習をしていったら、最後のほうでは聞き取りも話す能力もだいぶ成長した ので感動した。私のクラスは先生がとても厳しく、授業中辞書の使用が禁止だったので、今年からフランス語の勉強を始めた私にとって、フランス語の説明ももちろんフランス語でされるので、全く理解できないこともたくさんあった。だが、分からない単語が多くてもしっかりと最後までついていけて、初めに比べたら格段と成長でき、クラスの仲間とも仲良くなることができたので、途中でクラスを変えなくてよかったと思った。

≪1年 基礎課程/2013年度参加≫

 1か月のパリ・カトリック大学での研修を終えて、自分の中でのフランス語やフランス文化への興味・関心がさらに高まったと思います。世界各国から学びに来ている多くの友人に出会うことができ、自分の将来への視野が広がり、刺激的な毎日でした。また、1か月間、普段頼り切っている家族と離れて生活したことで、どれだけ多くの人に支えられているのか、身に沁みてわかりました。また、異国に来たからと言って日本人の控えめさや時間に厳しいところなどのアイデンティティは捨てるべきものではないと感じました。日本にいるとわからない日本の良さを友人との会話を通して知ることができ、日本を客観視できたと思います。

≪3年 哲学/2012年度参加≫

 印象的だったのは、クラスメイトの積極的な発言です。静かなのは日本人の良いところでもありますが、積極的に自分から話すことは、他国の人と交流する上ではとても大切なことだと感じました。様々な国の人と関わることで、自分の視野も広げることができます。
 授業では、学生が納得するまで、丁寧に文法や単語について先生が説明して下さりました。また、語学についてだけでなく、フランスの文化や食、宗教の話まで幅広く学べるとても良い授業でした。オーラルの授業では、公園でフランス人にインタビューを行ったり、スーパーで食材の種類の勉強をしたり、実践的な内容が多く、日常生活にも役立つので、生きた言語を学ぶことができて良かったです。

≪3年 人間関係/2012年度参加≫

 授業中は非常に集中できる環境で、毎日あっという間に授業が終わってしまったと感じた。授業では、楽しさと辛さを常に同じ程度感じていた。授業の内容が理解できないという場面もあり、理解できた瞬間は喜びを感じるが、そこまでの過程が本当につらかった。その点で、先生が本当に素晴らしい方だった。レベルの高い課題にもやや強制的に取り組むことにはなったが、それは自分にとってプラスになったと思う。同様に、クラスメイトもお互いにフォローし合いながら授業をしていた印象がある。私自身は正直クラスの中ではかなりフランス語の能力が低い方だったが、先生とクラスメイトの優しさにいつも助けられた。

≪1年 基礎課程/2011年度参加≫

 同じクラスには、私たちと同じくらいの10代以後半の人、30代ぐらいの人が半々の割合でいて、年齢性別関係なく一緒に学びました。授業では、間違えて発音するとすぐに正してくれたり、分からない単語についてはなるべく英語を使わずフランス語で、絵なども使ったりして、とても分かりやすく教えて下さってとても良かったです。

≪3年 日本語日本文学/2011年度参加≫

 パリと日本、お互いの文化の良さを認識出来た一方、日本人に在りがちな曖昧な表現は一切通用しないという事も身に沁みてわかりました。失敗を恐れて黙りこむのではなく、明確な意志表示をする事は自分の身を守る上でも大切だと再認識しました。

リヨン・カトリック大学(フランス)

                       

≪2年 史学/2013年度参加≫

 リヨンはパリとは違う街並みと、現地の方の人間性の違いが印象的でした。また大学ではフランス語をフランス語で学ぶことで、感覚的に語学を学ぶことができました。

≪2年 人間関係/2013年度参加≫

 リヨンはパリと比べると、町全体が落ち着いていて治安も良かったです。街中の人も、私たちのフランス語をわかるまで聞いてくれて、積極的にフランス語を使う機会も増えました。授業はレベルで分かれてはいましたが、下のレベル程アジア系が多く、授業では発言を求められたり、文法問題を丁寧に解いていたことが印象に残っています。
 1人部屋は十分な広さで冷蔵庫、コンロ、電子レンジがあり、設備が整っていました。卓球室やジム、PCルーム等もあり、雨の日など寮にいるときも楽しめます。

≪2年 日本語日本文学/2012年度参加≫

 授業では、フランス語の文法をフランス語で説明されたりして最初は戸惑いましたが、地道に取り組むうちに、次第に理解できるようになり、フランス語のリスニング力もかなりついたと思います。授業の中で、いろんな国籍の人と、フランス語を使ってコミュニケーションを取り、友達になることができたというのも大きな自信になりました。
 授業の他、定期的にアクティビティという自由参加の課外活動がありました。リヨンの街中やリヨン郊外への小旅行など、ほぼ毎回無料で参加できました。美しい湖や川下り、旧市街の探索など、リヨンを知るにはもってこいの活動だったので、非常に楽しめました。アクティビティ以外にも、自分たちでホテルを取って遠い街に出かけたり、畑だらけの風景を眺めながら電車に揺られたりなどの小旅行も週末に計画しました。外国なので勝手がわからずちょっとしたトラブルもありましたが、行動力が身についたし、行きたいところに行けてとても充実していました。

≪2年 日本語日本文学/2011年度参加≫

 印象的だったのは、大学の授業で周りの留学生たちがとても積極的に意見を言ったり、授業に取り組んだりしていたことです。みんな、質問されたことのほか、自分の意見やほかの例の提示など、一つの質問に対しとても積極的でした。フランス語があまり流ちょうでなくても、自分の意見をみんなに伝えたいという熱意を彼らから感じることができました。その熱意で、意外にも伝えたいことは伝わるものだということも学びました。語学の上達は、文法などの形式的な面だけでなく、伝えたいという気持ち次第で変わるのかもしれないと、この語学研修で学ぶことができました。

≪2年 国際交流/2011年度参加≫

 リヨンの町についてよく知ることができたし、アクティビティを開いてくれている人も感じがよくて楽しかった。少し遠くに行くこともあってフランスを楽しめたと思う。

close