英語英文学科の特色ある取り組み

「 Experience-Based Learning (体験型の学び)の醍醐味を味わう:シェイクスピア劇公演」

 昨年に引き続き、今年もイギリスを拠点として世界各国でシェイクスピア劇を公演するInternational Theatre Company London (ITCL)の第41回日本公演「ロミオとジュリエット」が2014年5月18日(日)2時半より本学マリアンホールにて行われました。沢山のお客様がITCLの演劇と台詞を楽しんで下さったことと思います。


本公演は日本各地の大学等で行われますが、その字幕は本学英語英文学科の教員と卒業生・大学院生が翻訳・監訳しているものです



参加者受付風景

開場を待つ方々

開演前の風景

第一幕

インターミッション

高校生・中学生の団体参加も

在学生の作品展示

見学される参加者





劇団員とのレセプション


展示を見る劇団員

興味津々でした


衣装を制作

ジュリエットの窓を制作


第二幕ラストシーン

カーテンコール

終演後、劇団員との記念撮影

close