英語英文学科の特色ある取り組み

Report about Canadian Student Research Conference

右から2人目が Brenda Bushell 先生、一番右が私
Report about Summer Project

英語英文学科 3年 中村光

 私は2017年7月6日から11日まで “Canadian Student Research Conference” に参加するためにカナダのトロントへ行きました。学会は8日と9日に行われ、私は“Investigation into the awareness of gender inequality in Nepal”というタイトルで、以前にネパールで行った男女格差の意識調査の結果発表をしました。

 今回の学会は学生だけでなく教授の方々も参加しており、私が調査を行って感じたこと、私の考える男女平等の定義などの発表に対し、幅広い視点からの貴重な意見をいただくことができました。学会での質疑応答の際、「特に自国の文化を重んじる国と、そうでない国ではそもそも男女平等の定義が違う」という指摘を受け、私の目指していた男女平等が必ずしもみんなにとって良い方向に働くわけではない事に気付きました。そして国や人種によって様々な見方や考え方、各々が大切にしているものがあるのだと実感しました。そういった事は単純に一定の基準で調査を行っただけではわからない事で、自分の考えを発信し相手からの意見を聞くことで、初めて知ることができるのだと思います。

 今回の学会への参加は、今後も多くのことに積極的に挑戦していこうと思う私の気持ちを奮い立たせてくれる貴重な機会となりました。これからも自分の視野や考え方の幅を広げて多くのことを吸収し、このような調査がより良い方向へ進んでいくよう取り組んでいきます。

 このような機会をくださり、手厚くサポートしてくださったBrenda Bushell先生、アンケートの作成から協力して取り組んできた先輩方、たくさんの方に感謝しています。ありがとうございました。

学会での発表の様子
Report about Summer Project

中央が私
Report about Summer Project

 

Brenda Bushell先生を指導教員とする Nepal Field Study Program 関連のその他のトピックス

Report about Summer Project
報告者: 中村 光 (英語英文学科3年)
2017年8月実施
ネパールの現地調査 (スタディツアー)
報告者: 中村 光 (英語英文学科2年)
2017年2月24日〜3月7日実施
the International Interdisciplinary Conference on the Environment 参加報告 (テキサス州オースティン)
報告者: 伊藤聡美(国際交流学科3年)
2016年6月28日〜30日参加
SYMPOSIUM - Nepal Japan Project - Challenges for Sustainable Society
By Brenda Bushell
2014年8月開催
the International Interdisciplinary Environmental Conference 参加報告 (コロラド州デンバー)
報告者: Mako Hidaka(英語英文学科3年) 重田絵理(英語英文学科3年)
2014年7月掲載
Student Symposium on Sustainable Development
By Brenda Bushell
2014年5月掲載
Nepal Field Study Program 2014
By Brenda Bushell Coordinator of the Nepal Field Study Program
2014年4月掲載
2013 Nepal Japan project 夏季合同シンポジウム
2013年8月7日開催

報告者: 歴史社会学科国際交流専攻 国際政治ゼミ3年、英語英文学科メディアコミュニケーション副専攻 征矢しおり
2013年8月掲載
2013 Nepal Field Research Program
Submitted by Brenda Bushell
2013年5月掲載
「ネパールにおける発展とその過程について」フィールドワーク報告会/シンポジウム (東京都市大学との合同)
報告者: 齋藤裕子(哲学専攻3年)
2012年5月掲載
2011 Nepal Field Study Program Report & ネパールプログラム交換会
報告者: 小澤桃子(英語英文学専攻4年)
2011年5月掲載

close