学生インタビュー(2010年度)

葛城さん
英語英文学科 2010年3月卒業
(2011年4月現在)
TBSニュース番組 アシスタント・ディレクター


メディア・コミュニケーション演習(マーシャ・クラッカワー教授)

3年ゼミで「メディア理論」を学び、4年ゼミでは各自卒業論文のテーマにしたがってプレゼンテーションを行います。私のテーマは“News topics and the audience”。現代のニュースはハードなものからソフトなものへと、観る側の意識によって偏ってきているのではないか。そんな疑問から、新聞やテレビ、広告など、さまざまなメディア媒体を分析し、メディアがオーディエンスにもたらす影響を考察しました。クラッカワーゼミでは、critical thinkingと呼ばれる手法によりメディアを批判的角度で分析します。授業もテキストもすべて英語。毎週膨大な課題をこなさなければなりませんが、やればやるほど理解は深まります。クラッカワー先生は厳しさの中に愛情を感じられる先生。必ず次のステップへとつながる指導をしてくださるので、確実に力がつきます。


 「ジャーナリストになりたい」という夢をかなえ、卒業後はテレビ番組制作会社で報道の仕事に携わる。2年間のゼミで養ったcritical thinkingをメディア側から発信、「報道とは何か」を追求したい。



[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.