学生インタビュー(2015年度)

毛利 さん
日本語日本文学科 2015年3月卒業


就職活動は自分を見つめ直す機会。
逃げずに向き合って道を開きましょう。

 接客業を志望し、東急ハンズに内定をいただきました。福井県の恐竜博物館とカフェ事業をコラボレーションするなど、ハンズは常にユニークな事業を展開しており、わたしも入社したら何か提案できないかと考えています。事業内容が幅広く、下からの提案にも耳を傾け、新しい可能性に積極的にコミットしていく企業の体質に惹かれたことも、東急ハンズを選んだ理由です。そうした点は、日本語日本文学科も似ているかもしれません。自ら学びたいとチャレンジしていけば、それをバックアップしてくれる環境がありましたし、上からの立場ではなく、同じ目線でアドバイスをくださった先生方の温かさは、生涯忘れません。学芸員の資格取得は、学生生活の経験として就職活動でも役に立ちました。
 自分をじっくり見つめ直すよい機会となった、とわたしは就職活動をそのように理解しています。自己分析では面白みのない人間だと落ち込むことがありましたが、逆に考えればそれは真面目であるという長所になります。目の前の自分から逃げずに考え続けたことで、よい企業に出会えたのだと思います。


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.