文書末へ

  他分野は以下を参照                            

 

日本語史(Verson:3.01)

 

  ここでは、日本語学のうち日本語の歴史的な研究を扱うことにする。

我々にとって日本語と言えば、まずは現在自分が使っている日本語のこ

とであるが、それだけを見たのでは、日本語の一面を見ているに過ぎな

いと言えるだろう。昔の日本語はどうなっていたのか、どのようにして

現代の日本語が現れたのかという観点をもつと、日本語の有するさまざ

まな可能性というものが見えてくる。それが日本語史を学ぶことの醍醐

味である。

 

【日本語史の流れ】

  日本語の歴史について大きな流れをつかむための本としては、次のよ

うなものがある。

 ○松村明『国語史概説』1972 秀英出版

  [やや古いが、各時代を概観するのに便利。]

 ○沖森卓也編『日本語史』1989  おうふう

  [比較的新しい標準的な概説書。]

 ○近藤泰弘ほか編『新訂 日本語の歴史』2005 放送大学教育振興会

  [最新の概説書で、放送大学用にまとめられたもの。]

 ○『日本語の歴史』全8冊 1963〜1966 平凡社

    [いわゆる概説書ではないが、日本語の歴史全体をダイナミックに

   描いたもので、読み物としても楽しめる。現在は平凡社ライブラリー(文庫)

に入っている。]

    山口仲美『日本語の歴史』2006 岩波新書

  [非常に読みやすくわかりやすい。入門書として最適の一冊である。]

  次の2冊は、テーマを限定した通史であるが、日本語の歴史をどう捉

えるべきかという問題を考える上で有益である。

 ○阪倉篤義『日本語表現の流れ』1993 岩波セミナーブックス

 ○小松英雄『日本語はなぜ変化するか』1999 笠間書院

 なお、研究法の入門書として次の1冊を推奨したい。

 ○青葉ことばの会『日本語研究法 古代語編』1998 おうふう

  [『土左日記』を具体的な資料として取り上げ、その研究結果をレ

   ポートにまとめる過程を示したもの。 ]

 

【従来の研究の概略】

 日本語史の各事項について、従来どのようなことが分かっているかとい

うことの大体を知るためには、やはり事典類を見るのが手っ取りばやい。

 ○『国語学大辞典』1980 東京堂

 ○『国語学研究事典』1977 明治書院

 ○『日本語文法大辞典』2001 明治書院

 ○『言語学大辞典』1971〜2001 三省堂

  また、次のような講座類を見れば、従来の研究の到達点がおおよそ分か

る。

 ○『講座 国語史』全6冊 1971〜1982 大修館

 ○『講座 日本語の語彙』全12冊 1981〜1983 明治書院

  次の叢書は1人1冊ずつの分担執筆で、それぞれにまとまりがあり読み

やすい。

 ○『日本語の世界』全16冊 1980〜1985 中央公論社

 ○『国語学叢書』既刊10冊 1985〜1987 東京堂

  以上のようなものを読めば、それぞれの分野でどんな研究がなされて

きたか、その概略を知ることができるであろう。

 

【論文の検索】

従来の研究の概略が分かったら、研究対象に応じて個々の論文を読む

必要があるが、次の年鑑によって、各年度ごとにどんな論文が出ている

かを知ることが出来る。

 ○国立国語研究所編『国語年鑑』秀英出版

 ○国文学研究資料館編『国文学年鑑』至文堂

 ○国立国語研究所編『日本語教育年鑑』くろしお出版

  また、次のようなツールを使えば、論文の検索ができる。

 ○『国語学研究文献索引』秀英出版

  [テーマ別の研究文献索引であるが、まだ「国語史篇」「音韻篇」だけ

   しか出ていない。]

 ○『語彙研究文献語別目録』(『講座 日本語の語彙』〈前出〉別巻)1983

   明治書院 

  [語彙項目別に研究文献がまとめられていて便利。]

 ○『国語学研究文献目録データベース』国立国語研究所

  [1954年〜2004年の研究文献が検索できるようになっている。 ]

 ○『国文学論文目録データベース』国文学研究資料館

  [国文学研究資料館のホームページに置かれている日本文学研究論文の

   総合目録データベース。文学関係だけでなく、日本語学関係の情報も

   含まれている。]

 ○『CiNii(NII論文情報ナビゲータ[サイニィ])』国立情報学研究所

  論文の所在が分かったら、実際にその論文を読む番になるが、下記の類が

便利である。

 ○『日本語学論説資料』(旧題『国語学論説資料』)

  [日本語学関係の論文(1964年以降)のコピーが年度ごとに整理されて

   収められている。 ]

 ○『論集 日本語研究』既刊9冊 有精堂

  [各分野の代表的な論文が収められており、簡単に読むことが出来る。]

  ただし、それらに漏れているものもあるから、論文によっては雑誌・紀要

類に直接当たる必要がある。

 

【ことばの調査】

  日本語史の研究と一口に言っても、音韻・表記・文法・語彙など、日

本語のどの側面に注目するかによって、調べ方が異なってくる。ここで

は、単語や句の単位で調査することを考えてみよう。

  ある単語や句が、過去にどんな用法をもっていたか、あるいはその後

どんな変化を遂げてきたかを知るためには、辞書が最初の手がかりとな

る。

 ○『日本国語大辞典 第二版』全13冊 2002 小学館

 ○『角川古語大辞典』5冊 1999 角川書店

 ○『古語大辞典』1983  小学館

 ○『時代別国語大辞典 上代編』1967 三省堂

 ○『時代別国語大辞典 室町時代編』全5冊 2001 三省堂

 ○『近世上方語辞典』1964 東京堂

 ○『江戸語大辞典』1979 新装版2003  講談社

 ○『江戸語辞典』1991 東京堂

  辞書に書いてある以上のことを知りたい場合、文献資料の中から用例

を拾い出して、その使い方を観察する必要がある。ただし、上代から近

代に至るまでの各種の文献には、索引が既に作られているものが少なく

ないから、それらを利用すれば、かなりの情報が得られるであろう。た

とえば、次のような索引類がそれである。

 ○『萬葉集索引』2003 塙書房

 ○『源氏物語語彙用例総索引』全10冊 1996 勉誠社

 ○『平家物語総索引』1973 学習研究社

 ○『天草版平家物語総索引』1983 勉誠社

 ○『エソポのハブラス 本文よ総索引』1999 清文堂

 ○『〈柳髪新話〉浮世床総索引』1983 武蔵野書院

 ○『〈牛店雑談〉安愚楽鍋用語索引』1975 秀英出版

 ○『作家用語索引 夏目漱石』全15冊 1984 教育社

  そして、ある文献について索引が出来ているかどうかは、次の書を見

れば分かる。

 ○『国語国文学資料索引総覧 改訂版』1997 笠間書院

 ○『国語学研究事典』所収「索引目録」1977 明治書院

 なお、近代の語彙を調査する場合には、次のCD-ROMが利用できる。

 ○『新潮文庫の100冊』『新潮文庫 明治の文豪』

  『新潮文庫 大正の文豪』『新潮文庫の絶版100冊』

  また、インターネット上にある次のものを利用して検索するとよい。

 ○青空文庫

  [インターネットを利用して作った無料公開の電子図書館。著作権の

   切れた作品と、著作権者が公開を許可した作品を電子化し、テキ

   ストファイルなどにしたもの。]

  必要があれば、直接文献を読んで用例を探すことになるが、実はその

ほうが思いがけない発見もあって、収穫が多いものである。