特色ある教育

日本語教育実習

ガイドブック2017より転載

 日本語教員課程の総まとめとして、4年次生に「日本語教育実習」という授業を用意しています。それまでに学んだ、日本語や日本文化に関する知識と教授法(教え方)のスキルを総動員して、実際に外国人学習者の前に立って日本語教師を体験します。学習者役になっていただく方は、学生がポスターやSNSなどを利用して募集します。毎年、アメリカ、スウェーデン、オーストラリア、フランス、インド、パキスタン、ミャンマー、中国、韓国など多くの国の方々が教室に足を運んでくださいます。学生は協力し合って自分で授業の教案を作り、地域在住外国人が生活日本語能力を習得できるよう一所懸命に日本語の授業を行います。上手くいく時もあれば、上手くいかない時もあります。思うようにできなかった時は悔しくて泣きたくなりますが、生徒が「わかった!」と言ってくれた時は嬉しくて泣きたくなります。苦労も多いですが、それ以上に喜びの多い授業です。すべてが“手作り”。これが本学の教育実習の特徴です。

close