授業紹介

日本語日本文学科

日本語教育実習
日本語教員課程の総しあげは、実際に教える「実習」

ガイドブック2019より転載

日本語教員を養成する「日本語教員課程」の最終段階は「日本語教育実習」です。4年次生が中心ですが、条件をクリアすれば3年次で履修することも可能です。それまでに学んだ日本語に関する知識や教授法(教え方)のスキルを総動員して、実際に外国人学習者に日本語を教えます。

広尾周辺でポスターを貼って学習者を募集するのですが、例年多くの学習者が参加してくださいます。国は、アメリカ、インド、カナダ、韓国、中国、フランス、ベトナム、ミャンマーなどで、「世界は広く、さまざまな考えを持った人がいる」ということを実感します。教育実習生は少し緊張しながら、楽しんで授業に取り組んでいます。目の前にいろいろな国の学習者がいて、その教壇に立っている自分を想像してみてください。ドキドキしませんか。

close