学生インタビュー(2010年度)

稲元 さん
史学科 2010年3月卒業


日本史演習(小原仁教授)

小原先生の3年ゼミ「日本史演習U−2」は、『平家物語』を読み、王朝貴族の伝統的文化や新興武士の行動様式について学びます。1年間では到底読みきれず、4年ゼミ「日本史演習V− 2」でも引き続き、春まで『平家物語』を皆で読んでいました。その後は、各自卒業論文に集中します。内容に関連した史料を探しては解読するという作業は根気が必要ですが、その大変さを乗り越えると楽しくなってきます。小原ゼミは10名の少人数です。1つの同じことがらを深く勉強する仲間が集まる空間として、自分自身を高めるのに最適な場でした。意欲を持てば、そのぶん受け入れてくださる先生ですから、心置きなく研究に熱心になれます。2年間のゼミを通して、自分の内面を磨くことができたと実感しています。


 入学前から日本史が好き。特に古代・中世(平安)に関心が深く、卒論テーマは「王朝時代の時刻法について」。


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.