日本史コース概要

この専攻ではその名のとおり、日本史を研究し、歴史を学んでいきます。その内容は、中高で学んだ通史レベルなんてものではありません!より深く、より詳しく、より興味深く!教科書にさらりと一言書かれていたような書物を何日もかけて読んだり、単語だけ知っていたような事件の裏を初めて知ったり、よく知っている有名な人物の、意外な素顔を目撃したり、そう、日本史の世界はとても身近で、そして好奇心を刺激し続ける宝庫です。私達はその一つ一つを研究し、より歴史を知りたいと日々勉強しています。

【2年生】遂に専攻の扉が開く!知らぬなら・学んでみよう・日本史知識!

日本史2年生ゼミでは、まず学籍番号順に2グループずつに分けられます。
1人の先生に生徒がつくのではなく、4人の先生が交代して2グループを受け持つ形をとっています。それぞれの時代が色鮮やかな特徴を持つように、各時代の担当の先生は個性豊か!日本史のスペシャリストに、日本史全体の基礎知識と、必要な研究方法の初歩を学びます。実際に史料を漢文から読んでみたり、教科書に出てくるような有名古書を解読したり!漢文や昔の文字が読めなくても大丈夫!2年生では史料購読に関する授業がいくつか必修となっていて、そこで崩しかな文字を覚えたり、史料に関する知識を学んだり、日本史研究に欠かせない、基礎中の基礎を徹底的に教わります!

1年間で4度おいしい2年ゼミを終えた後、学科旅行に行く事もあります。行き先は奈良や京都といった、学んだ歴史に会える場所!!知らずに行くのと、学び知ってから行くのでは大違い!定員30人程の日本史コースですが、すっかり皆仲良しです!!

【3年生】遂に深い研究の中へ!学べば分かる。問答無用で分かる。

自分が興味を持つ時代・歴史・文化などを自由に選び、学んでいきます。
ゼミを受け持つ先生方は
佐々木恵介先生、石原比伊呂先生、深井雅海先生、佐々木隆先生です。 ゼミは掛け持ちする事もできますし、3年から4年ゼミへ継続する時に、違うゼミに移り学ぶ事もできます。自分が学びたい時代を、知りたい歴史を思いっきり味わってください♪

【4年生】いよいよ集大成!海よりも深く・山よりも高い指導と共に・いざ卒業論文へ!

3年で学んだ事・知識・力を生かし、ゼミの先生の講義・指導を受けながら自分だけの、自分が知りたい事の、自分によって作られる卒業論文が出来上がっていきます。これまでの卒業論文のテーマを列挙すると下記の通り。
ユニークかつ興味深い卒業論文ばかりです!

「中世武家政権における陰陽道」「新聞にみる昭和初期の結婚事情」「日本幽霊の変遷」 「明治維新への抵抗」「江戸社会の情報流布」「明治中期における「どうする連」騒動」 「近代日本における聖歌・賛美歌の歴史」「中世における武士道」「江戸吉原 規定と遊女」「ある女性皇族の活動」「近世桃太郎の展開」 等・・・


日本史コース ゼミ紹介

教員紹介

卒業論文リスト


佐々木恵介ゼミ(古代史ゼミ)

【3年ゼミ】

古代史のなかのどの時代、どの分野を研究するにしても、漢文の読解と、律令制度についての理解は不可欠です。そこで前期には、この2つを同時に学習するため、奈良時代の歴史を漢文で記した『続日本紀』を、詳しく読んでいきます。後期には、ゼミの参加者とも相談しながら、『日本霊異記』や正倉院文書・木簡などのなかからテキストを選び、奈良時代から平安時代前半にかけての社会の様子を探ります。また希望があれば、夏休みには史跡や博物館をめぐる研修旅行を実施します。

【4年ゼミ】

毎年12月に提出する卒業論文の準備は、3年次の年末頃から始まります。年明けには4年生の卒業論文の発表を聞き、どのようなテーマで書いていくかを、4年次の年度始めまでに決めていきます。前期には、卒業論文のテーマに関する史料や文献について発表し、夏休みに入る前には全体の構成を考えます。夏休みには卒業論文の中間報告会を行い、後期に入ると、担当教員の助言と指導を受けながら、少しずつ完成に近づけていきます。

上級生によるゼミ紹介

佐々木恵介先生のゼミは、日本の9世紀初め頃までの歴史を中心に学ぶゼミです。 3年生の前期は『続日本紀』や『東大寺要録』を教材に、毎週1人ずつ発表しながら史料の読解方法を学びます。後期からは先生がリストアップしてくださった教材から各自の興味あるものを選び、前期で培った読解力を活かしながら史料を読み解いて発表していきます。先生は、学生が興味や関心を出発点とし、広い視野と深い知識を身に付けて学びの集大成である卒業論文執筆へと向かうことができるよう、導いてくださいます。

また学生が希望する場所を中心にゼミ旅行も実施しています。歴史の舞台を直接訪ねることで、より深い知識を体感的に学ぶことができます。のんびりと和気藹々とした雰囲気のゼミなので旅を通して更に距離も縮まり、楽しく面白い仲間ができること間違いなしです!そんな魅力たっぷりのゼミが佐々木恵介先生のゼミです。


佐々木隆ゼミ(近現代史ゼミ)

3年ゼミ(日本史演習Ⅱ−4)では伊藤博文関係文書の講読、即ち伊藤博文宛書翰の分析を行います。教科書で有名な事件は勿論、今では忘れられた出来事などについてその深層を探ります。すでに知られている有名事件でも真実は全く異なる場合が多々あり(例えば大津事件の児島裁判長は犯人の死刑判決を容認しています)歴史を学ぶ醍醐味をあじわえます。

4年ゼミ(日本史演習Ⅲ−4)では真崎甚三郎日記を分析します。2・26事件の黒幕とされる人物ですが、某小説のモデルともなった陸軍軍人です。人間関係は勿論、感情のひだまで克明に描かれた日記からは昭和戦前期の政治・軍事の実相を知ることが出来ます。3年ゼミでは局時的、定点観測的な分析、4年ゼミでは長期的な総合を学び、異なる時代(明治と戦前)、異なる史料(書翰、手紙)の検討のし方が分かります。4年の後期は主として卒業論文指導です。

上級生によるゼミ紹介

佐々木隆ゼミでは、3年生次に、伊藤博文関係文書という、伊藤博文宛てに送られた手紙を読みます。そして差出人との関係を調べることを通じて、その背景にある幕末や明治の政治、経済、外交、文化について学んでいきます。

当時使われていた文体を読む作業は最初は慣れず難しいですが、全く気にしないで大丈夫です。先生からオリジナルの解説テキストを頂いて予習することができ、予習してわからなかった読み方や意味は、先生が授業の中で細かく教えてくださいます。

また先生は歴史上の人物の性格や私生活などについて様々な話をしてくださいますので、毎週の授業がとても楽しいです。少人数ですので、ゼミのメンバーとも仲良く和気藹々とした雰囲気の中、学んでいます。


深井雅海ゼミ(近世史ゼミ)

3年のゼミでは、将軍直属の隠密「御庭番」の活動記録と、幕末に海防掛を務めた役人の「公務日記」を読んでいます。江戸城の図や江戸の町の図などを参照しつつ、史料を読み進めていくと、自分も御庭番や役人と一緒に活動しているような雰囲気を感じることができます。これが、当時の人が書いた史料を読む醍醐味です。

4年のゼミでは3年次で学んだ史料の読解力を生かして卒業論文を作成します。まず自分が選んだテーマに関する図書・論文などを集め、それをゼミの皆さんに紹介してもらいます。その後は章・節ごとに集めた史料を盛り込んだレジュメを作成して発表することを繰り返します。そして最後にレジュメなどを基に卒業論文を作成することになります。

上級生によるゼミ紹介

深井先生のゼミは日本の近世史を中心に学ぶゼミです。

3年生の前期は御庭番日記という、いわゆる隠密の活動を記した史料を、後期は幕府役人の江戸城内での公務を記した日記を読みながら学んでいます。各自割り当てられた箇所を読み下し、史料への読解力を養うと共に、近世の武家社会における政治や経済、江戸の文化などについて理解を深め、卒業論文執筆にあたっての多くの知識を身に付けることができます。

ゼミの雰囲気はとても和やかで、分からない箇所も先生が細かく丁寧に教えてくださいます。また休日には皆で博物館を見学したり、食事会に行ったりもしています。


石原比伊呂ゼミ(中世史ゼミ)

日本中世史で卒業論文を作成するためには、中世の人々が作成した諸史料を読みこなす必要があります。
そこで3年生においては、記録や文書の読解を通じて和製漢文の「読み下し」「現代語訳」の基本的な訓練を行うとともに、関連する内容を持つ史料を探す作業にも慣れてもらいます。また、4年生になっても引き続き日本中世史ゼミを履修し、卒業論文を作成する学生に対しては、春期休業期間に、自分の興味関心や問題意識のもと、卒論のテーマに対するイメージを固めることが望まれます。

4年生になれば、卒業論文からの逆算が必要になりますので、各自の興味関心に即して、「史料を集める」「史料を分析する」という訓練を繰り返し、後期に入ってからは自分が集めた史料を分析して、論文の体裁に整えていく作業を行います。

上級生によるゼミ紹介

私たち石原3年ゼミでは、室町時代に中原師郷氏によって書かれた『師郷記』を主に取り扱っています。日記を通じて当時の公武関係や社会情勢を探りつつ、和製漢文の読み下しの方法や、資料をそのまま読むのではなく他資料と比較しながら、実践的な資料の使い方なども学んでいきます。また少人数で授業を進めていくため、自分の意見を発言しやすく集中しやすいのも魅力的。

授業は振り分けられた担当箇所を積極的に研究室や図書館の資料を使って調べ、レジュメを作成する発表形式で行なわれます。

最初のうちは読み下しに慣れないかもしれませんが、先生もしっかりサポートしてくださるので心配御無用。日本史が好きで積極的に資料を読み進めていきたい方にはぜひおすすめのゼミです。

>>>日本中世史ゼミの近況はこちら<<<

※USH-Cloudのアカウントでgoogleにログインしていると閲覧できなくなってしまいますので、ログアウト(gooleページ右上のメールアドレス横のタブをクリック)の上、ご覧ください

日本史コース 卒業論文リスト