学生インタビュー(2011年度)

篠原 さん
人間関係学科 2011年3月卒業


人間関係を追求することで自分を見つめ直せました

 人間関係学科を選んだのは、チアリーディング部の活動を通してさまざまな人たちと関わり、時に難しさを感じることもある人間関係について学問的に学んでみたいと思ったからです。ゼミは人格心理学で、3年次前期は英文の論文を輪読。後期は各自で興味のある論文を読み込み、内容をプレゼンテーションしました。ここで学んだ論文の読み方や授業で勉強した質問紙の作り方などの調査手法のスキルをベースに、4年次はそれぞれのテーマで卒業論文を作成します。私は部活動のOGに面接調査を行い、部活動がチアリーダーに与えるライフスキルを考察しました。人間関係学科で学ぶことで今までは気にしていなかったことに関心を向け、客観的に考えられるようになりました。また、バックグラウンドの異なる人たちと一緒に一つの物事に取り組むことで、弱点も含め、自分自身を見つめ直すことができました。

MY TIME TABLE

1年次の時間割
 
2年次の時間割
 
3年次の時間割
 
4年次の時間割


※ 1年次に履修した専攻課程科目の分野系列は、進級が内定した所属学科・専攻により決まります。
色科目は、専攻分野科目です。
※ 上記の他に、集中講義、卒業論文があります。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.