学生インタビュー(2015年度)

柴田 さん
人間関係学科 2015年3月卒業


どんな適性があるのか。
就職活動は自分を見つめることから始まります。

 学内のアナウンス研究会の活動では番組制作を行って発表するなど、マス・コミュニケーションに興味があって人間関係学科を専攻しました。ものをつくり発信する楽しさを実感しつつ、学問的な興味は女性の社会進出や働き方に。自分自身、結婚し出産しても働き続けたい、総合職として生涯を通じて働ける仕事に就きたいと考えるようになりました。
 社会調査士の資格を取得しようと考えたのは、資格取得をめざすことで新しい経験や学問との出合いがあると思ったからです。実際にマーケティングや統計学など、専攻とは異なる分野について学ぶことができ、企業の方にインタビューする機会なども得ました。資格は大学で勉強した証の一つ。就職活動でも胸を張って話すことができました。
 自分は何をやりたいのか、どんな適性があるのか。就職活動は自分を見つめることから始まります。始めは不動産業界を志望していたのですが、その後改めて自己分析をして、現在の企業に出会うことができました。手探りで進んだ就職活動でしたが、自分と向き合う濃密な時間を持てたことに感謝しています。


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.