●主な業績

2008年
岩上真珠「高年期の家族 : 新たなセーフティ・ネット構築にむけて」、舩橋惠子・宮本みち子(編著)『雇用流動化のなかの家族--企業社会・家族・生活保障システム』ミネルヴァ書房、 pp. 121-143
岩上真珠「団塊世代の世代間関係‐社会変動へのライフコース・アプローチ」森岡清志(編著)
『講座社会変動3 都市化とパートナーシップ』ミネルヴァ書房、pp.182-215
岩上真珠「多様性と共生」(特集コーディネーター)、『社会学年誌』(49) 早稲田社会学会、pp.1-4

2007年
沢山美果子・岩上真珠・立山徳子(共著)『「家族」はどこへいく』青弓社、 全232頁
岩上真珠『ライフコースとジェンダーで読む家族〔改訂版〕』有斐閣 、全234頁
岩上真珠「現代日本の家族構造--新しい家族のかたち」、鉄道弘済会社会福祉部(編)『社会福祉研究』No.98、 pp.10-18
岩上真珠「社会変動とライフコース‐高齢者が生きた時代を見つめて」、長寿社会開発センター(編)『生きがい研究』13、 pp.24-46

2006年
岩上真珠「結婚とパートナー関係」、山根常男・玉井美知子・石川雅信(編著)『テキストブック家族関係学:家族と人間性』ミネルヴァ書房、pp.64-77
岩上真珠「発達する家族--ライフステージからみる若い親たち」、資生堂社会福祉事業財団『世界の児童と母性』61、 pp10-13
岩上真珠「ライフコースの多様化と個人の選択--ライフコース・スケジューリングに向けて」、自治研中央推進委員会『月刊自治研』Vol.48(通号562)、 pp. 25-32


科研費報告書


2009年
平成18年度~平成20年度科研費研究成果報告書『若者のキャリア形成過程におけるジェンダー格差の国際比較‐労働、教育、家族政策より』(研究代表者 岩上真珠)

2005年
平成13年度~平成16年度科研費研究成果報告書『少子・高齢化社会における成人親子関係のライフコース的研究』(研究代表者 岩上真珠)

2004年
平成13年度~平成15年度科研費研究成果報告書『「イギリス・スウェーデン・イタリアの若者の実態と社会政策の展開―労働市場、教育制度、家族の動向を中心として-』(研究代表者 宮本みち子)

1999年
平成8年度~平成10年度科研費研究成果報告書『中期親子関係と世代間扶養意識に関するコーホート比較研究』(研究代表者 岩上真珠)