特色ある教育

卒論発表会

ガイドブック2018より転載

 毎年1月末に、4年次生による卒論発表会を開催しています(3年次生の社会調査実習報告会と同時開催)。約70名の学生がパネルに卒論の内容をわかりやすく掲示し、他ゼミの先生や下級生を含む他の学生に口頭で説明し、質問に答えるという、ポスター形式の発表を行っています。この実習報告会・卒論発表会は、1年次生から、4年次生の卒業予定者まで、学科生全員が集結する学科最大のイベントで、学科生全体に対して研究のモチベーションを高めるのに役立っています。1年次生にとっては専門教育への導入となり、ゼミを検討している2年次生は、卒論と同時に実習の研究発表を見ることで、具体的なゼミの志望を固めることとなります。3年次生と4年次生は、お互いの研究に対してほぼ対等に活発な議論を交わし、研究をさらにブラッシュアップするとともに、努力の成果に対して他者から評価されることが大きな教育効果を生んでいます。

close