聖心女子大学 人間関係学科の卒業論文

最近の卒論はこちら  2011(平成23)年度  2010(平成22)年度  2009(平成21)年度  2008(平成20)年度  2007(平成19)年度 

2011(平成23)年度 卒業論文題目

【人格心理学ゼミ】 (鈴木 乙史)
  • 幼少期の体験による青年の信頼関係への影響 −青年期から成人期への移行期に着目−
  • 大学生の親準備性に影響を与える要因についての一考察
  • ネガティブ経験と自己受容の関連性
  • 大学生の痩身願望に関する研究 −ダイエット経験と心理的要因の関係について−
  • 化粧品パッケージが人々に与える影響 −パッケージに惹かれる人々−
  • きょうだいの存在が青年期の友人関係構築に与える影響
  • 女子大学生の友人関係と対人的自己嫌悪感の関連
  • 女子大学生の昼食時間不安を規定する要因
【対人社会心理学ゼミ】 (菅原 健介)
  • 東日本大震災直後における自粛ムードの心理的要因 −「集合的無知」の影響に関する分析−
  • 日本人の自己卑下 −ホンネとタテマエの使い分けの視点から−
  • 傍観型羞恥感情の規定要因 −なぜ見ているだけで恥ずかしいのか−
  • 対人関係の希薄化を規定する心理的要因 −他己主張と自己主張の影響−
  • 強迫的なコレクション行動の構造と規定因
  • 感情予測による動機づけ効果の研究 −節電行動を事例として−
  • リスクのある行動の実行判断の規定要因 −自己認知と状況認知の影響−
  • 県民性ステレオタイプが対人評価に及ぼす影響 −バックラッシュ効果の検討−
  • 顔に対する評価への情緒的反応 −自己高揚仮説・態度の類似性仮説の比較−
  • コスプレの魅力要因 −セルフ・モニタリングおよび活動の重視点との関連−
  • 社会的スキルとしての「スキ」の機能
  • 女性の生活価値観と若さへの態度 −女性ファッション雑誌を題材とした分析−
  • 電車内における座席の譲与行動 −高齢者の立場からの分析−
【マスコミ社会心理学ゼミ】 (小城 英子)
  • 家庭用ゲーム機と携帯用ゲーム機のイメージに関する差異
  • 小説の映画化作品に対する視聴者心理
  • ブログ研究における『有名人ブログ』の位置づけ
  • 二次創作の魅力について
  • スターバックスファンの特性とブランド魅力 −ロゴが製品評価に与える影響−
  • キャッチコピーの種類別におけるボディーコピーへの誘導効果
  • 消費者が求める接客とは
  • バラエティ番組における笑い声の効果
  • ネイルアートの魅力
  • 外食産業におけるカフェの利用者心理
  • モンスターカスタマーの行動メカニズムに関する一考察 −責任帰属の視点から−
  • 日韓女性アイドルファンについての研究 −AKB48・少女時代・KARAの比較−
  • キャラクターが企業広告に与える影響
【家族社会学ゼミ】 (岩上 真珠)
  • 人口減少地域における観光振興 −山梨県山中湖村の現状から−
  • 女子大学生にみる祖父母との交流 −親への介護意識との関わり−
  • 合理化される合コン
  • 孤独死問題から考える高齢者コミュニティの現状とこれからのあり方 −「孤独死ゼロ作戦」常盤平団地の実例から−
  • 東京23区の政策からみる子育て支援 −次世代育成支援度からみる取り組み分析−
  • 男性定年退職者のスムーズなセカンドライフ移行の条件
  • 習い事経験が大学生とその親に与える影響
  • 未婚女性の結婚に対する意識 −職業充実度とジェンダー意識との関連から−
  • ジェンダー観・恋愛観がデートDVに対する意識に及ぼす影響
【職業社会学ゼミ】 (大槻 奈巳)
  • 30代女性の<転機>への対応過程
  • ショールームで働く女性のキャリア形成
  • 感情労働に関する考察 −ホームヘルパーの働き方を通して−
  • 父親の子育てと子どもへの影響
  • 夢追い型フリーターからのステップアップ
  • 契約客室乗務員の働き方と職務満足度
  • 職場と家庭に残るジェンダー役割 −岐阜県の調査にみる−
  • 職務満足度を高めるジョブローテーション −A生命保険会社のキャリアプラン−
  • 男性の育児休業取得の阻害要因
  • ワーク・ライフ・バランスを目指す企業の時短政策
  • ロングヒット商品の要因 −ロック・バンドのスピッツに当てはめて−
  • テーマパーク従業員としての働きかた
  • ジブリ作品を好む人々のジェンダー意識
【比較文化宗教学ゼミ】 (堀江 宗正)
  • 理想型としての武士道 −新渡戸稲造の『武士道』に対する論評を通して−
  • 外国人非集住地域における日本語教室の意義 −国際交流NPOの日本語教室での調査を通して−
  • 出生前診断を通して考える生命倫理 −文献・新聞記事から読み取れる現状と問題点−
  • ネオ・アニミズムは自然を守るか −日本と西洋の伝統的自然観と環境思想の比較から−
  • 人魚姫の死と再生 −「自己実現」「自己犠牲」「愛」−
  • 特別支援学級が無意識の差別につながるか −インクルーシブ教育の可能性−
  • 在日コリアン3世の民族意識を探る −本名と通名を手がかりとして−
【文化人類学ゼミ】 (石井 洋子)
  • 町とオタクのコミュニケーション −埼玉県旧鷲宮町におけるアニメ『らき☆すた』を使った町おこしを事例として−
  • つながりを創る町づくり −小江戸川越の蔵造りを事例として−
  • 日本でみえる舞台芸術の翻訳的適応 −クラシックバレエを題材として−
  • 和光からユニクロまで −東京・銀座の文化人類学的考察−
  • 京都・町家の再生事業から見る地域文化の継承
  • 皮革文化の創造力 −埼玉県草加市「そうか革職人会」のフィールドワークから−
  • 北京の都市開発における「胡同」の現状 −伝統と革新のはざまで−

最近の卒論はこちら  2011(平成23)年度  2010(平成22)年度  2009(平成21)年度  2008(平成20)年度  2007(平成19)年度 

2010(平成22)年度 卒業論文題目

【人格心理学ゼミ】 (鈴木 乙史)
  • ベテラン看護師のアイデンティティに関する一考察
  • きょうだい間の養育態度の差異 −子どもの認知から−
  • 完全主義から見る劣等感 −ネガティブ感情とポジティブ感情との関連−
  • 熱狂的ファン行動の心理的要因
  • どうして音楽療法を取り入れるのか −病院・施設への面接調査から−
  • 意思決定における自己決定感と後悔感情との関連
  • 大学生の失恋時の感情およびその後の行動と心理的変化の関連性 −自己受容とコーピングに着目して−
  • 路上生活経験者の挫折と立ち直り経験 −ビックイシュー販売員への面接調査から−
  • 理想自己と自己愛及び自己嫌悪感に関する研究
  • 青年期の恋愛と失恋経験が自己受容に及ぼす影響
  • 部活動を通して部員が獲得するライフスキル
  • 少年の再犯原因とその立ち直りについて
  • 在日中国人の結婚女性の夫婦関係の満足度
【対人社会心理学ゼミ】 (菅原 健介)
  • 接客場面における社会的スキル −「親身な接客」と「プライバシーに配慮した接客」−
  • mixiユーザーにおけるコミュニティの参加意識 −数百件ものコミュニティに参加する理由−
  • 「お一人様」が過ごしやすい店 −“一人行動”に対する抵抗感・肯定感を規定する要因−
  • 課外活動集団の目標達成におけるリーダーと副リーダーの役割
  • 母親に対する呼称から見る母娘関係
  • 対異性における女性の態度変容への嫌悪感 −規定要因の検討−
  • 恋愛における『あいまい告白』の機能 −不安への対処か戦略か−
  • 賞賛場面における羞恥感情を規定する要因の研究
  • 他者情報の対人不安低減効果
  • 親子関係が結婚観に与える影響
  • 外見に対するポジティブ・イリュージョンの規定要因 −顔と体型への評価過程の差異−
【マスコミ社会心理学ゼミ】 (小城 英子)
  • 大学受験とステレオタイプ
  • キャラクターのファン心理
  • バラエティ番組のテロップに対する視聴者の不快感情
  • 女性の就職面接における規範意識と化粧
  • ジャニーズのファン心理 −グループによる共通点と相違点−
  • 日本ドラマを東アジアに発信できる可能性
  • ファッション雑誌の魅力研究
  • 情報源の影響とeクチコミ利用の規定因 −レストランの情報探索を通して−
  • 女性アイドルに求められる要素とは −モーニング娘。とAKB48の比較から−
  • 消費者参加型イベントが消費者行動に及ぼす影響 −東京ガールズコレクションを通して−
  • ディズニーランドとディズニーリゾートの魅力と変化
  • エキナカにおける消費者心理 −通り過ぎる駅から立ち寄る駅へ−
  • テレビドラマの出演者に対する視聴者心理
【家族社会学ゼミ】 (久木元 真吾)
  • 若者の結婚観・育児観 −性別役割分業意識の観点から−
  • ゴシック・ロリータファッションをする若者たち
  • ファンであり続けるとはどのようなことか −ぺ・ヨンジュンファンを事例に−
  • 大学卒業後の親との同居・離家について
  • なぜ、今「農業」に参入するのか −新規就農者へのインタビューより−
  • 大学生の親との関わりについて
  • 大学生の進路選択における親子関係
  • 現代の若者の友人関係 −友人ネットワークの視点から−
【職業社会学ゼミ】 (大槻 奈巳)
  • 男性の性売買に関する意識
  • 漫画にみるジェンダー −大学生の理想の男性像と女性像−
  • アルバイトの意欲向上 −会社はどんな工夫をしているのか−
  • ノーマライゼーションを実現するために −障がい者就労支援のベストプラクティス−
  • 営業職としての働き方 −A生命保険会社を事例として−
  • キャリア形成と結婚 −総合職と一般職の比較から−
  • 地方自治体のポジティブ・アクションは有効か
  • 転職と仕事の満足度
  • 大学生の専業主婦志向と就業継続志向 −チアリーディング部HEARTIESのOG部員を対象として−
  • ビールのCMにみるジェンダーの描かれ方とその受容 −広告の与える影響力−
  • 社会起業家の起業要因
  • 女子学生の結婚意欲と就業意識について
  • 母親のライフスタイルと子育て意識
  • X社におけるヒット商品の作り方
【文化人類学ゼミ】 (石井 洋子)
  • 保育園と知育の文化人類学 −江東区の保育園を事例に−
  • 日本のヴァイオリン職人 −異文化の受容と変容−
  • カクレキリシタンの現在 −長崎県生月に住む彼ら・彼女らの変容をたどる−
  • 兵庫県灘五郷における「日本酒観光」の行方 −震災復興と文化継承をめぐる人類学的考察−
  • ジャズにおける文化の融合 −日本、アメリカ、ヨーロッパの比較を通じて−
  • 和菓子職人から学ぶ −食文化の変容と未来−
  • 日系ブラジル人から見たデカセギ −日系コロニア出身者の語りから−
  • 異文化理解の必要性 −日本語教員の語りからの検証−
  • 地場産業から伝統工芸へ −行田足袋を事例に「伝統」を考える−
  • 関東アイヌの現在 −文化継承の工夫を探る−
  • 沖縄移住者の道のり −石垣島を事例にして−
  • イスラーム社会に生きる女性たち −現在のエジプト、首都カイロにおけるムスリムのジェンダー意識−
  • 「アート」これが島の町おこし −香川県直島町を例に文化の受容と持続可能な開発を考える−
【比較文化宗教学ゼミ】 (堀江 宗正)
  • 伝統的工芸品の職人と伝統 −江戸切子を事例として−
  • 「自己分析」としての就職活動 −聖心女子大学キャリアセンター内における『就職活動を振り返って』を素材として−
  • 日本における同性結婚の合法化について −同性愛の可視化とその課題−
  • 宝塚歌劇男役における男性性と女性性 −「包容力」に注目して−
  • 居場所としての児童館

最近の卒論はこちら  2011(平成23)年度  2010(平成22)年度  2009(平成21)年度  2008(平成20)年度  2007(平成19)年度 

2009(平成21)年度 卒業論文題目

【人格心理学ゼミ】 (鈴木 乙史)
  • 大学生における完全主義が及ぼす不適応状態への影響とありのままの自己と装っている自己
  • スポーツ競技者の競技不適応について −落ち込みに焦点をあてて−
  • 健康へのアプローチ −指導する立場としての健康観−
  • 習い事への通い経験、遊び経験と青年期の人格の関連について
  • 障害者スポーツが身体障害者に与える影響 −障害に対する意識の変容と社会的自立−
  • 就職活動が大学生に与える課題とその影響について
  • 中年期女性とアンチエイジングへの取り組み
  • 犯罪被害者が支援者に与える影響 −被害者支援都民センターとリカバリー・サポート・センターへの面接調査から−
  • 母娘関係と父娘関係の比較 −心理的適応の観点から−
  • 女子大学生の服装スタイルを規定する性格特性と被服への意識
【対人社会心理学ゼミ】 (菅原 健介)
  • 新入生の大学適応と友人関係 −2009年度入学者の縦断調査から−
  • 「オタク」のカミングアウトを妨げる要因 −「隠れオタク」が隠れる心理とは−
  • 感動体験とその回想が個人に及ぼす心理的影響
  • 集中力構造と測定尺度の検討 −TAIS注意尺度の分析を通しての考察−
  • 中高年世代のSNS −生きがいと生活満足に関する支援−
  • 声の特徴が個人のキャラクター確立に及ぼす影響
  • 社会的苦境場面における対処方略としての「頓知」 −アニメ「一休さん」を通して−
  • 香りづけ行動の効用感とその規定因 −「香り」市場の心理的背景−
【マスコミ社会心理学ゼミ】 (小城 英子)
  • クロスメディアによる効果 −検索バー付き広告を対象として−
  • 関西ローカルCMの効果 −関西人アイデンティティを通して−
  • テレビ番組の犯罪描写に関する一考察 −大学生の認知に与える影響−
  • 電車内の化粧行動
  • 観客が映画に求めるモノとは −漫画実写映画を対象として−
  • リーダーのストレス・モデルの検証 −大学の課外活動におけるリーダーの心理−
  • 現代の若者の音楽消費スタイル
  • ブランドショップバッグ所有者の心理
  • フリーペーパーの受け手研究
  • 景品付きセールスプロモーションに関する消費者心理 −おまけ付きペットボトルの視点から−
  • 芸能人コメンテーターの発言による視聴者への影響
  • ワイドショーの利用と満足の一考察
【家族社会学ゼミ】 (岩上 真珠)
  • 地域の子育て支援 −パターン別に見た支援の検討−
  • 現代若者の性意識 −避妊と性感染症予防をめぐって−
  • 会話中の沈黙における認知
  • 女子大学生の職業生活設計に与える母親の影響
  • 都会暮らしにおける庭 −地域環境の視点から−
  • 中学・高校時代の居場所感を探る −学校満足度調査から−
  • 育児休業制度と職場復帰に関する考察
  • 同性愛者と社会の反応
  • 教師とスクールカウンセラーの望ましい協働関係 −通信制サポート校の教師とスクールカウンセラーの関係から−
【職業社会学ゼミ】 (大槻 奈巳)
  • ホームヘルパーの感情労働について
  • 大学生の就職活動意識に影響を与える要因
  • 学生起業と人的ネットワーク
  • なぜ社会は高リスク高収入の仕事を容認するようになったのか
  • 女性の就業と結婚の関係
  • 地方公務員における性別職務分離
  • 管理職のリーダーシップ
  • 一般職で勤務する男性の意識
  • 早期離職を軽減するインターンシップの効果
  • 格差社会において創業社長として成功した要因
  • 新卒フリーターが正社員への就職を実現させた要因
  • フリーターとしてのキャリア意識 −フリーターから抜け出せない要因−
【文化人類学ゼミ】 (石井 洋子)
  • メディアは「伝統」を守るのか −東京・八丈島における観光とメディア−
  • 地元住民と移住者の共生 −沖縄県を例に−
  • 食育から見える郷土食の伝承 −長野県の事例を中心に−
  • 「紛争ダイヤモンド」の光と影 −シエラレオネと国際社会から見えるもの−
  • 現代の日本人とヨーガ −その変容と今後の動向について−
  • 世界遺産登録と地域社会 −古都鎌倉における市民の意識調査から−
  • 日本の伝統工芸品における技能の継承についての一考察 −広島県安芸郡の熊野筆を事例として−
  • 茶道、その精神性の継承 −グローバル化が進む現代の日本社会において−
  • 今を生きる在日韓国人 −意識と文化変容をめぐる文化人類学的視点考察−
  • 「フラ」の伝播と変容 −昭和30年以降の福島県いわき市での観光資源化−
  • 築地市場の未来を想像する −人と人との関わりの中で−
  • 異文化の理解と共生への道のり −下町、台東区谷中の町から学ぶもの−
【比較文化宗教学ゼミ】 (石井 研士)
  • 茨城県坂東市周辺における平将門伝説の採集
  • 流行現象におけるロハスの批判的考察
  • 都市再生と街の歴史 −東京・日本橋を例として−
  • 湘南からみる余暇活動としての観光とその未来 −雑誌記事の歴史から見える湘南の地域イメージ−
  • 若者と仕事と自己実現に関する考察 −ニート、フリーターの事例から−
  • 現代日本における占い文化 −占いの受け止められ方について−
  • ヘンリー・ダーガーの研究 −その受容を中心として−
  • いけばなにおける美の表現方法について

最近の卒論はこちら  2011(平成23)年度  2010(平成22)年度  2009(平成21)年度  2008(平成20)年度  2007(平成19)年度 

2008(平成20)年度 卒業論文題目

【人格心理学ゼミ】 (鈴木 乙史)
  • 信頼感と自我の強さの関連
  • 大学生の友人関係における愛着とストレスの関連
  • 大学運動部主将のリーダーシップについて
  • 人はなぜ人を助けるのか −いのちの電話相談ボランティアとホスピスでの傾聴ボランティアへの面接調査から−
  • 『良いもの』を持つ心理と自己意識、自己愛傾向の関係 −集団生活経験、ブランド志向性を通して−
  • 大学生と「慰める存在」との関係 −乳幼児期からの移行対象を背景に−
  • 韓国人ハーフを中心とした在日の民族アイデンティティについて
  • 母親のライフコースの中に見る「子育て観」について −母親のライフヒストリー研究−
  • 現代大学生における友人関係 −自己受容と友人との心理的距離に着目して−
  • ジェンダー意識が女子学生の自我同一性に及ぼす影響とその意識構造 −自我同一性地位面接に新たな領域を付け加える試み−
【対人社会心理学ゼミ】 (菅原 健介)
  • 被服における色彩の社会的機能
  • 「笑い」を喚起する社会心理学的要因 −タレントの役割期待と笑いの社会心理学−
  • 邦画ブームの背景要因 −社会心理学的視点からの一考察−
  • 観戦行動・プレー行動から見るフットサルの魅力
  • コミュニケーションにおける放言使用の効果 −出身と言語によるコードスイッチの影響−
  • 女子大生の品格 −イメージの実態とブームの要因−
  • 指輪が現代女性に与える心理的効果について
  • 商品評価に影響を及ぼすパッケージデザインの効果 −チョコレートとキャンディー菓子を例に−
  • 公人の涙に対する評価を規定する要因 −橋本徹氏、ヒラリー・クリントン氏のケースについて−
  • 携帯電話カメラ機能の利用目的 −デジタルカメラとの違いと利用者の心理特性−
  • 古着の着用及びリサイクル頻度に関わる要因 −環境意識の影響について−
  • 座席譲渡行動における心の葛藤 −座席譲渡に対する態度・老人に対する意識・過去の経験の影響−
  • 現代女性はなぜ「目の化粧」にこだわるのか −目の化粧を規定する心理・社会的要因−
  • オペレーターを成長させる要因はなにか −電話対応コミュニケーションに焦点を当てて−
【マスコミ社会心理学ゼミ】 (小城 英子)
  • ディズニーのファン心理
  • テレビ番組における映像演出の効果に関する検証 −テロップおよび吹き替えの効果の実態−
  • T.M.Revolutionのファン心理 −ファン心理と自己呈示の考察−
  • 環境要因による携帯型電子ゲームの評価と流行
  • ショッピングセンター増設の背景 −消費者は何に満足しているのか−
  • CMCにおける読み手の心理的特徴 −コメント行動とその影響の分析−
  • 流行現象における健康観とLOHASの検討 −健康のためなら死んでもいいと言う人々−
  • 裏側を見せる番組と視聴者心理
【家族社会学ゼミ】 (岩上 真珠)
  • 聖心生の進路選択と親の影響
  • 男性が父親になることとは
  • 家庭雑誌『主婦の友』に見る主婦像の変化 −仕事と家事の狭間で−
  • 未婚女性の妊娠・出産に対する意識
  • 就職活動の影響による結婚観および価値観の変化
  • 男性のライフコースにおける「40代」の位置づけ
  • 祖父母にとって孫の存在とは
  • 娘のライフコース設定における母親の影響
  • 結婚式のエンターテイメント化 −女子大学生の結婚観を通して−
  • 専門職女性のライフコースにおける職業の位置 −女性医師のワークライフバランスを通して−
  • 子どもと地域のかかわりにみる「地域の教育力」
  • 中高年女性のオシャレ度と生活満足度の関係
【職業社会学ゼミ】 (大槻 奈巳)
  • 男性の育児休業 −取得率を上げるための方策−
  • 正社員の転職理由
  • 育児休業後に夫婦の家庭内役割は変化するか
  • 女子大生とメディアリテラシー
  • 大学生の人身取引への意識
  • 市場開放下の中国で男女の労働格差は生じているか
  • 女子大学生の就業意識に与える要因について
  • 企業の育児支援が女性の就業継続へ及ぼす影響 −A損害保険会社を例に−
  • 女子大学生のボランティア活動促進のために −意識と動機−
  • なぜ派遣社員という働き方を選ぶのか
  • 起業家の起業要因と成功要因
【文化人類学ゼミ】 (石井 洋子)
  • シャギリを担う人々 −1960年代以降の静岡県〔三島囃子〕を事例として−
【比較文化宗教学ゼミ】 (堀江 宗正)
  • 混迷する日本を照らすシスターという生き方 −導き・反対・両立の中で−
  • インターネット社会を生きる子どもの死生観について
  • 村上龍作品における日本観
  • 日本の女帝とイギリスの女王の比較 −歴史的背景と政治上の業績に注目して−
  • 宮崎アニメ『風の谷のナウシカ』にみる少女と英雄性
  • エリアーデの「聖なる空間」と山のシンボリズム −「中心」と高さの視点から−
  • ポストモダンにおける「動物化」 −コミックマーケットという視点から−
  • サバトにおける魔女とウィッカの関係性
  • 能楽における宗教性と美 −鎮魂論の視点から−
  • メイド喫茶からみえる現代コミュニケーションの在り方の考察 −メイド喫茶ユーザーの「社交性」と「自閉性」−

最近の卒論はこちら  2011(平成23)年度  2010(平成22)年度  2009(平成21)年度  2008(平成20)年度  2007(平成19)年度 

2007(平成19)年度 卒業論文題目

【人格心理学ゼミ】 (鈴木 乙史)
  • 自愛心からとらえる自己嫌悪感とその対処法
  • 暴力少年とその家族 −3人の暴力少年とその家族に対する面接調査を実施して−
  • 現代の第二反抗期について −攻撃性と親子関係から−
  • ストレス対処方略とソーシャルサポートの関連 −ストレスイベント種類と対象方略、ソーシャルサポート期待度について−
  • 青年期における親子関係 −子離れ・親離れ−
  • 自己受容と精神的健康との関連性についての研究
【対人社会心理学ゼミ】 (菅原 健介)
  • 青年期・児童期のきょうだい関係がソーシャルスキルに与える影響 −日本人型スキルへの効果を考える−
  • 母娘関係が女子学生の職経歴選択に与える影響
  • 社会的迷惑に及ぼす行動基準の影響 −お花見場面を例にして−
  • 入眠感に影響を及ぼす要因と対処方略
  • 子どものファッションに対する母親の意識と子ども観 −「オシャレ魔女 ラブandベリー」を例に−
  • 中高年のミュージカルファンに関する研究 −「ロマンチックウィルス」仮説の検証−
  • 感情表現抑制がもたらす対人的効果 −感情内容・親密度・状況の要因の検討−
  • 浦和レッズのサポーター行動と地元意識
  • 肌見せ系ファッションに対する羞恥感 −性的刺激管理説の立場から−
  • 社会人男性の被服関心 −被服への心理的効用を中心に−
  • 演奏場面における演奏者のあがりに関する研究
  • 結婚しない30代独身男性の実態について −近年の未婚化・晩婚化の現状から−
【マスコミ社会心理学ゼミ】 (小城 英子)
  • 黒髪ブーム −髪色における心理的効用の一考察−
  • 対人魅力における顔の好みの個人差の検討
  • フィンランドと日本の国民性の比較分析 −文化心理学の視点から−
  • 口コミによる商品広告
  • 男性の化粧行動の規定因の解明
  • 復興期における被災者の心理 −2004年7.13水害を事例として−
  • ファッションモデルに対するファン心理の規定因 −カリスマモデルが生み出す流行を支持する現代女性の心理とは−
  • 恋愛バラエティ番組の利用と満足 −「あいのり」の魅力の分析−
  • 被服選択の規定因の検討 −逸脱した被服行動を読み解く−
  • 新聞広告における色彩の意外性効果
  • 車内広告記憶の規定因 −活発性及び情報感度の視点から−
  • 浦和レッズのサポーター意識と埼玉の県民性
  • きょうだい型ステレオタイプ −きょうだい構成推測場面での検証−
【家族社会学ゼミ】 (岩上 真珠)
  • 現代日本の家事分担 −家事認識とジェンダー−
  • 大学生の離家を通してみる若者の自立 −親と子の思い−
  • 母子家庭の子どもたち
  • 娘の子育て観への母親の影響 −母親の有職・無職を通して−
  • 障害を持って生きる −障害者がいる家族の語りから見えること−
  • 女子大学生のライフコース展望 −職業観・結婚観・学歴観の視点から−
  • テレビアニメにみるジェンダー表現および子どもたちの認識
  • 介護現場で働く人びと −インタビューを通して−
  • 男子大学生の家事労働の意識と実態
  • 女子大学生の自立意識と依存意識の葛藤について
  • 中高年既婚者の結婚生活と離婚観
  • 働く女性と育児
  • 若者の家族観に関する日中比較研究 −都市部を中心に−
【職業社会学ゼミ】 (大槻 奈巳)
  • 現代に生きる匠たち −伝統の技術とその継承−
  • 女性が働きつづけられる要因 −仕事の満足度から考える−
  • 女性MRのキャリア形成
  • 専門学校卒のフリーター −なぜフリーターになったのか−
  • 高収入男性の妻が働くことへの考え
  • パートタイマーの基幹労働力化における問題点 −ファミリーレストランを事例に−
  • 職業が結婚観に及ぼす影響 −ブライダル業界で働く女性の事例から−
【文化人類学ゼミ】 (葛野 浩昭)
  • 多様な日本の魅力を世界に向けて −ビジット・ジャパン・キャンペーンによる新たな観光戦略−
  • 声優にはまる女性オタクの意識
  • ハリー・ポッター −<差異>を乗り越えて−
  • 宗教文化に生きる人々 −モルモン宣教師を通して−
  • フランス料理人が有する「わざ」とは
【比較文化宗教学ゼミ】 (堀江 宗正)
  • スピッツ・草野マサムネの歌詞の世界 −個性と大衆性の間で−
  • 結婚式の変換 −なぜ日本人は宗教者の介在する結婚式を選択したのか−
  • メディアにみる若者の死生観と社会的背景 −『DEATH NOTE』と『地獄少女』を題材として−
  • 「意味のある偶然」の認知と影響に関する一考察
  • 宗教の消極的側面から考える人間と宗教の関わり方
  • 近年の女性と漫画との関係性 −NANAの魅力−
  • 少年犯罪報道の日米比較 −少年犯罪のイメージはどう形成されているのか−
  • アメリカ南部を動かしたロックンロールと若者
  • ロック・フェスティバル人気に関する一考察 −ロック・フェスティバルは若者にとってどのような存在か−
  • 現代日本におけるヨーガの受容について
  • 日本におけるターミナルケアの現状
  • 優生学、ナチス、キリスト教 −障害者の断種と安楽死、人種主義をめぐって−

最近の卒論はこちら  2011(平成23)年度  2010(平成22)年度  2009(平成21)年度  2008(平成20)年度  2007(平成19)年度