●ゼミの内容

 人格・臨床心理学のゼミ(演習1、演習2)を持っています。ゼミ生は、それぞれ10人前後で、この領域に関心を持つ人間関係専攻の3年生(演習1)と4年生(演習2)です。
 演習2は、卒論指導をかねています。最終的な目的である卒業論文作成のために、研究デザインの作り方、研究方法、被調査者のサンプリング、調査結果の分析と考察、論文作成の方法などについて指導を行い、ゼミ生はそれぞれの段階で発表と討論をします。
 演習1は、日米の文献講読、発表、討論から成っていて、前期は指導教員が決め、毎年テーマを変えています。昨年度(2008年)は「自己愛と完全主義」、今年度は「信頼感と自己受容」です。後期は、ゼミ生が選んだテーマで(夏休み中に集め、読みこなした文献をレビューして)発表します。ゼミ生の約は半数が、そのテーマを卒論に直接繋げているようです。