ネパール大使を迎えてのディナーセミナーを開催

 2018年1月15日(月)、国際交流学科は霞関会との共催でネパール大使プラティヴァ・ラナ閣下を囲むディナーセミナーを開催しました。
※霞関会は外務省の現役・OB・OGからなる社団法人

 お食事を囲んでの和やかな雰囲気のもと、大使からは “Constitution and Women’s Empowerment” というタイトルでネパールの文化と情勢についてご講演をいただきました。

大使とのディナーセミナー

 教員・学生・卒業生・高校生・霞関会の女性大使経験者ら16名が、ネパールと日本の関係などを中心に、質問したり、談笑したりと、楽しい時間を過ごしました。

参加学生の感想

 大変興味深いお話を様々な観点から聞くことができ、自分が今学んでいる国際交流についての理解を深めることができました。去年ネパールに行ったこともあり、ネパールの現状だけでなく、日本や他国との比較も身近に感じられ、とても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

井原可南子(2年)


 私は今年の3月に、ブッシェル先生と共にネパールジャパンプロジェクトの活動の一環としてネパールに訪れます。そのため、今回ネパール大使がお越しになることは何かのご縁であると思い、ディナーセミナーに参加させていただきました。社会で活躍する女性、という私たちにとって理想の方からお話を聞くことができ、大変貴重な経験をさせていただきました。今回学んだことをプロジェクトに活かし充実した活動にしたいです。

鈴木すみれ(2年)


 It was a great opportunity for me to ask questions about Nepal, reflecting on my experience which I participated in the Nepal Japan Project and went to Kathmandu last spring. During the seminar, I asked about the issue of girl's dropout since I researched about gender inequality in Nepal. I was especially encouraged when Her Excellency Ms. Prativa Rana told us young people to be positive about our future, although we could see some problems in the society.

佐々木初奈子(2年)


 I decided to participate in the dinner seminar because I was interested in its theme 'gender issue,' which was also discussed in the last year's seminar with Irish ambassador. Through the seminars, I could compare the difference of gender issue in Ireland, Nepal and Japan. For example, while Ireland ranks 6th in gender gap index, Nepal still has gender-based discrimination, and women and girls are particularly vulnerable in many situations. Her Excellency Ms. Prativa Rana is very brave and active to change such situation, and her talk encouraged me to think of what I can do for this issue. I will start working in the field of international cooperation soon and strongly hope to get involved with gender empowerment.

増田京美(4年)


 I was surprised with that Ms. Prativa Rana is the first women ambassador in Nepal. Nowadays, for women in Nepal, it is easy to get a higher education, but it means that they have to encounter the difficulties when they want to have their own family. In that situation, she had made a lot of efforts then got trust from her colleagues. Her words, “Don't give up and try again and again.” impressed me and encouraged me so much.

齋藤瞳(4年)

close