学生インタビュー(2005年度)

福島 さん
国際交流学科 4年


幅広く学ぶ中で、新たな視点を発見。可能性が広がるのを感じます

 英語を学ぶことが好きで、英語でのコミュニケーションや国際交流に興味を持ちました。国際交流を実践するには、まず外国と日本の双方に関する知識と理解が必要です。本専攻では幅広い分野を柔軟に学ぶことができるので、視野が広がり、新たな可能性を発見できるメリットがあります。
 私も「日欧比較思想演習」というゼミで思想という新しい視点と出会いました。最近ではニュースを見ても、事象の背景にある思想や文化について考えるようになりました。学芸員の資格取得もめざしており、普段から美術館にもよく行きます。学んだことが教養や知識として役立つと共に、人としての豊かさにも繋がるのを感じています。

MY TIME TABLE (3年次)

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1       日仏文化交流論(1)    
日仏文化交流論(2)
2   古代エジプト史 英語文化論「児童文学」1 フランス語コミュニケーションII(1)    
英語文化論「児童文学」2 フランス語コミュニケーションII(2)
3 視聴覚教育メディア論 英語コミュニケーションII(1) 日欧比較思想演習I(1) 博物館学各論    
教育原理 英語コミュニケーションII(2) 日欧比較思想演習I(2) 博物館概論
4 西洋美術史     キリスト教学II-5    
5            
その他に、集中講義 国際交流特殊講義

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.