学生インタビュー(2012年度)

森田 さん
国際交流学科 2012年3月卒業


興味のある分野を横断的に取り上げ、研究できました

 経済、法律、政治といった社会科学と文化を総合的に学べる環境に身を置きつつ、英語にも力を入れられるのが国際交流学科です。語学については他専攻と違って、3年次までネイティブの先生による授業があり、日本の文化の良さをいかに異文化の方に説明するかを学び、自国についての理解も深められました。一方、ゼミでは生活や社会に密接にかかわる法律、特に民法を中心に学びたいと考えました。加えて経済にも強い興味があったので、結果として卒論では金融商品取引法を取り上げ、「法令遵守の光と影」を研究しました。このように国際交流は自分の興味のある分野を横断的に学べ、多角的な物の見方が身につくのが大きな魅力です。また、ゼミでの発表と議論を通して、相手にわかりやすく伝える力と、説得力のある論理的なプレゼンテーション力も鍛えられました。

MY TIME TABLE

私の時間割


※ 1年次に履修した専攻課程科目の分野系列は、進級が内定した所属学科・専攻により決まります。
色科目は、専攻分野科目です。
※ 上記の他に、認定科目(海外語学研修)集中講義、卒業論文があります。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.