学生インタビュー(2014年度)

廣 さん
国際交流学科 2014年3月卒業


自分の能力を客観視し、自分の意見を持つこと。
就職に必要な思考力を身につけました。

 語学を広く学びながら、情報科学について知識を深めたい。国際交流学科は、まさにそんな私の希望にかなった学科でした。語学コミュニケーションだけでなく、経済学、情報科学など幅広く学べたのは本当に有意義だったと思います。卒業論文は、Googleのページランクについて研究し、それをTwitterに応用させ「Twitterアカウントランク」という数式を独自で考案しました。
 卒業後は、海外在住歴を活かせ、かつ専攻した情報やパソコンの知識を活かせる企業を早い時期から志望していました。就職活動において、私がもっとも重視したのは自己分析です。いかに自分の能力を客観視し、戦略的になれるかが重要なポイントだと考えていました。方法の一つとして、私は自分の言葉をノートに書き留めていきました。それが軸となり、エントリーシートの自己アピールなどの書き込みに役立ちました。
 幸運にも、卒業後は志望した仕事に就くことができました。自分のやりたいことを会社とどう結びつけられるかを探しながら、ビジネスを通した出会いによって、グローバルな視野を広げたいと思っています。


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.