学生インタビュー(2015年度)

今瀬 さん
国際交流学科 2015年3月卒業


勉強したいという思いが強く副専攻を履修、
日本語教員課程も修了。

 初めてヨーロッパの街に立った時の衝撃は忘れられません。古い建物、石畳の道、広場…。中世から変わらないであろう街並がそのまま残っていて、そこに大きな魅力を感じました。特に惹かれたのは「広場」の存在です。広場に象徴されるように、ヨーロッパと日本の都市構造は大きく異なりますが、この違いは思想や文化にどう影響しているか。そこに興味を感じ、ゼミのテーマである「日欧比較思想」について、広場を中心とした都市構造という視点から研究することを卒業論文に選びました。
 1年次では教育や心理にも興味があり、専攻選びは迷いました。国際社会を多面的に学べることからこの学科に進みましたが、副専攻でボランティア研究を学び、日本語教員課程の授業も履修しました。正直少し大変でしたが、勉強したいという思いの方が強く、卒業までをイメージして時間割を作成しました。結果としては、やる気に満ちた様々な友人たちがまわりに集まり、物事の見方や、捉え方が柔軟になったと思います。こうして得られた価値観や知識は、大学での成長の証です。

MY TIME TABLE

1年次

2年次

3年次

4年次


色科目は、所属学科・専攻開講科目です。
※ 1年次に履修した専攻開講科目の分野系列は、進級が内定した所属学科・専攻により決まります。
※ 上記の他、メディア学習支援センターでの学習、集中講義、卒業論文があります。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.