聖心女子大学

カテリーナ・フィアルコヴァー チェコ共和国駐日特命全権大使による講演

国際交流学科の特色ある取り組み   (2011年7月19日 聖心女子大学宮代ホール)

 大使は、チェコ外務省入省後、安全保障局課長、NATO総長室次長、アメリカ局長などを歴任され、2010年12月より駐日特命全権大使として両国の密接な関係の構築に尽力されています。

 ご講演の前には、チェコ・カレル大学から本学への留学生のチェコ紹介のイベントに参加されました。

 今回は、「チェコの自然・エネルギー・文化」をテーマにご講演いただきました。講演に続いて行われた学生との質疑応答では、アラブの春など世界情勢に関する見方や、東日本大震災、海外から見た日本の国内情勢など幅広い問題について、学生たちから英語での活発な質問が行われました。これに対し、大使から、講演の最後に、将来外交官や政治家として活躍する学生がこの会場から登場することを期待するという激励のお言葉を頂き、大変印象深い講演となりました。


(国際交流4年 S.I.)

close