学生インタビュー(2004年度)

竹内 さん
哲学科 4年


自分とは何かを考えること。それが哲学を学ぶということなのかもしれない。

 哲学科には3つのコースがありますが、2年生から自分の興味や関心にしたがって好きな科目を履修できます。私は幼い頃から身近な存在だったキリスト教をもっと深く学びたかったので、3年ゼミはキリスト教学演習を選びました。ゼミではアリストテレスの『ニコマコス倫理学』や『イギリス思想の流れ』といった書物を精読し、各自の考えをまとめていきます。ギリシア語で書かれた原書を翻訳し、読解する授業もあります。3年生のときは専門以外にも、学芸員の資格を取得するための「博物館概論」や「生涯学習概論」を履修しました。
 キリスト教にしろ、仏教にしろ、ひとつの宗教にこだわってひたすらそれを信じ続けなければならないというのでもない。ただ、宗教の持つ根本的な思想は人間の生活に必要なものではないだろうか。授業を通して、私自身そんなことを考えるようになりました。これまでは無意識のうちにキリスト教を受け容れていましたが、専門研究として学んでみて初めて気づかされることがたくさんあります。
 それに、哲学を学びはじめて“本当の自分探し”をするようになったと思います。哲学を学ぶこととは、自分とは何か、人間とは何かを考えることでもあるのかもしれません。

MY TIME TABLE (3年次)

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1            
2 日本民俗学   キリスト教学特講W 日本美術史 哲学概論T
(前期)
 
哲学概論U
(後期)
3 視聴覚教育メディア論
(前期)
芸術学特講 キリスト教学演習      
西洋古代中世哲学史U
(後期)
博物館概論
(後期)
4   西洋近代哲学史 キリスト教学演習U キリスト教学特講V 情報科学  
5            
生涯学習概論
(後期)

友人に誘われてテニスをはじめた。楽しい先輩たちに引っ張られるようにして3年生でサークルの幹部に。高校時代までクラシックバレエをやっていた。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.