学生インタビュー(2005年度)

赤羽 さん
哲学科 4年


何気ない日常の思いにも「哲学」の種が潜んでいます

 哲学には難解なイメージがありますが、学んでみると意外に身近でひきつけられるものを感じます。演習で読んだアリストテレスの『ニコマコス倫理学』にも、私たちが普段の生活で何気なく考えるような事柄が記されていました。それらを深く掘り下げ、「自分はどう生きるか」を考えるのが哲学です。
 演習では、先生や友人との議論を通して一人ひとり違ったものの見方、考え方に触れることができ、そのたびに内面が豊かになっていくのを感じます。他の専攻に比べると必修科目が少なく、その分、自分が追究したいことを自由に選択して学べる点も魅力です。私は演習で出会って心引かれた和辻哲郎の思想に関する研究を卒論のテーマに選びました。

MY TIME TABLE (3年次)

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1            
2   倫理学概論   芸術学特講 臨床心理学特講5  
3     近代文学特講 キリスト教学II-4    
4     英会話 文芸創作入門    
5     哲学演習V   キリスト教学演習I  


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.