特色ある教育

美学・芸術学演習W

ガイドブック2018より転載

 この演習では、グループに分かれ、協力して、主にビデオ作品を制作します。始めに、作品のテーマを検討し、撮影、編集、音楽、美術などの担当者を決め、作業に入ります。例年、6〜8つほどのグループができますが、どんどんと作業が進むところ、途中で行き詰まり方針を変えるところなど、進み方はそれぞれです。一人で行えばスムーズに出来ることでも、他者との共同作業では、案外うまくいかないことがあります。一方で、一人で考えていては出てこないアイディアが、仲間と話し、試行錯誤するなかで浮かんできたり、自分一人では技術的にできないことが、仲間との協力でできてしまうこともあります。
 年2回の発表会では、他のグループの作品を見て、そのアイディアの豊かさや工夫に驚かされます。完成した作品は、コマ撮りでクレイアニメに挑戦したもの、ミュージカル公演の舞台裏をドキュメンタリー風に撮影したものなど様々です。自分の想像を超えた何かに出会うことは、とても不思議なことであり、共同作業の魅力です。
 この授業を通して、人と人とが共に生きることの難しさと面白さを、そして、人と共に考え、何かを作り上げることの喜びを、実感し、学んで欲しいと思っています。

close