学生インタビュー(2004年度)

飯沼 さん
教育学科 教育学専攻 4年


教室の授業だけではわからない、生の体験を重視するフィールドワーク。

 3年前期のゼミでフィールドワークを行いました。「音」と教育の関係を探るためのフィールドワークです。私たちは「広尾の音」というテーマで、広尾商店街をゼミ生7人で手分けして取材し、記事にし、聖心祭で発表しました。もちろん店の選択から写真撮影、テープ起こしまで、すべて手作りです。
 広尾商店街にはおしゃれな店もありますが、いわゆる老舗と呼ばれる古い店も多い。何代も続いている桶屋さんとか、銭湯とか。私は広尾市場を取材しました。市場は八百屋や肉屋など9店舗で成り立ち、寄り合いマーケットになっています。ここは老朽化していて、残念なことに取材後まもなく閉鎖されるというお話もうかがいました。取材にはおおむね1店舗につき2時間は費やしたでしょうか。まさに体当たりの交流です。実際に起きていることを肌身で感じる。さまざまな思いを胸に秘めた人たちの本音を聴き取る。こちらが心を開いて飛び込んでいけば、どの人も気さくに取材に応じてくださり、人のあたたかさを知りました。
 このフィールドワークを体験した後、街を注意深く歩くようになりました。気がつけば、何気ない風景を観察している自分がいる。教室の中だけではない、街に出て学ぶことの大切さを実感した授業でした。

MY TIME TABLE (3年次)

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1     フランス語      
2 視聴覚教育1
(前期)
教育学演習2
(前期)
環境芸術文化特論
(前期)
  教育工学
(前期)
 
視聴覚教育2
(後期)
教育学演習2
(後期)
教育社会学概論2
(後期)
教育音楽地誌
(後期)
3 キリスト教学   人間学習原論
(前期)
  芸術学概論  
 
4         宗教社会学  
5            
その他:集中講義 臨床心理学特講6(前期)、マルチメディア活用演習2(前期)、ジェンダー論入門3(後期)

音楽が好きで、音楽に関する授業を好んで履修。大学院の授業「環境芸術文化特論」を受講したのもプラスの経験。楽曲を環境からとらえることの新鮮さを味わった。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.