学生インタビュー(2012年度)

山城 さん
教育学科 教育学専攻 2012年3月卒業


教育の重要さに触れ、教育者をめざす決意ができました

 1年次から難民教育支援を行うサークル「SHRET」でボランティア活動に携わっていて、他国の子どもたちや教育制度に興味を持っていました。また、第二外国語にコリア語を選択し、次第に文化にも興味の対象が広がっていき、教育学専攻に進んでからは比較教育を学びたいと思うようになりました。実際、卒論では現地調査を行いながら、「韓国における「ユニバーサル・アクセス型」高等教育への転換」を研究しました。教育とは人間にとって一番大切なものであり、どんな教育を受けたかによって、その人の一生が大きく変わると思います。また、貧困だから教育を受けられず、教育を受けられないから貧困から抜け出せないという負のサイクルを止められるのは教育者です。最初は漠然とした思いでしたが、教員になりたいとの気持ちが強くなり、本学大学院で研究を深め、中高の教員を目指すことにしました。

MY TIME TABLE

私の時間割


※ 1年次に履修した専攻課程科目の分野系列は、進級が内定した所属学科・専攻により決まります。
色科目は、専攻分野科目です。
※ 上記の他に、認定科目(海外語学研修)集中講義、卒業論文があります。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.