学生インタビュー(2014年度)

井関 さん
教育学科 教育学専攻 2014年3月卒業


世界中の子どもたちを笑顔にしたい。
その思いを軸に、夢の実現に向かっています。

 人と関わることが好きで、子どもが好き。そんなシンプルな理由から、幅広く教育を学べる教育学専攻を選びました。さらに専門性を高め、子どもたちとずっと関わっていける仕事がしたいと思い、自主的に初等教員特別プログラムを受講し、幼稚園一種の教員免許状を取得しています。
 幼稚園の先生を目指した時期もありましたが、学びの領域を広げるうちに、子どもたちを支える「環境」に興味があることに気づきました。「環境」の一つに、おもちゃがあります。また、以前から工作などのモノづくりに興味があったので、卒業論文では、文献購読やフィールド調査を通して、子どもの遊びをより豊かなものにできるおもちゃを考察しました。
 就職活動中はなるべく人に自分の意見を聞いてもらうなどして、一人よがりにならないように気をつけました。幼児教育を学ぶことで、自然とそういう考え方になったのかもしれません。友人や家族の意見に耳を傾け、一番自分らしさが引き出せる職業は何だろうと、とことん考えました。結果、第一志望の玩具メーカーに内定をいただけたのは、「世界中の子どもたちを笑顔にしたい」という軸が自分の中でぶれなかったからだと信じています。


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.