学生インタビュー(2004年度)

高木 さん
教育学科 初等教育学専攻 4年


実習を重ねて“自分で探る”トレーニングを繰り返し、それを実践に移したい。

 初等教育学専攻は小学校教諭と幼稚園教諭の免許を取得するということもあって、教科指導法などの実習授業が多いのが特徴です。印象に残っているのは「生活科教育法」という授業。半期にひとり一回の割合で、“自分のこと”を発表する時間が設けられます。一人ひとりの知られざる側面が見えて、意外性への驚きを感じたのを覚えています。「生活科概論」ではキャンパス内で米作りをしますし、ゼミでも机上では見えてこないことを実践で学び、問題点を見つけてその解決法を自分で探っていくトレーニングを積みます。別の意味で興味深かった授業は「メディア教材開発」です。パソコンを使って自分で教材をつくる楽しさを知りました。
 私は教育の勉強がしたくて聖心に入学しました。この思いは中学校の頃からでしょうか。将来は一人ひとりの生徒に適した教育の形を工夫してみたいと考えていました。そうしたことから、私がめざしているのは、学校の形態にこだわらない無認可のフリースクールやチャータースクールなどの先生です。相手と同じ世界に足を踏み入れることで理解度は深まるものですし、それは大人にとっても子どもにとっても大切なことです。子どもにとって本当にためになる教育とは何か、実践で探りあてていきたいと思っています。

MY TIME TABLE (3年次)

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1   保育内容研究(人間関係)
(前期)
生活科概論
(前期)
     
  生活科教育法
(後期)
2       音楽科教育法
(前期)
保育方法論 社会科教育法
(前期)
  教育学演習2
(後期)
教育社会学概論2
(後期)
  理科教育法
(後期)
3         キリスト教学演習W  
メディア教材開発
(後期)
教育心理学
(後期)
4       現代社会論
(前期)
図画工作科教育法
(前期)
 
教育実習指導2・5
(後期)
社会科概論
(後期)
5       幼児理解[含教育相談]
(前期)
国語概論
(前期)
 
   

Liturgy Circleに所属してミサの準備や手伝いを行う一方、学外の仲間たちとバンドを組みライブ活動をしている。担当楽器は小学校から続けているサックス。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.