学生インタビュー(2009年度)

明神 さん
教育学科 初等教育学専攻 4年


河邉貴子 ゼミ

河邉貴子准教授の「保育方法論」は、幼児期という発達の特性をおさえながら、幼児にふさわしい教育の方法について学ぶ授業です。前期は理論中心、後期は手遊びやパネルシアターなど遊びを通した指導方法を学びました。河邉先生はいつも笑 顔でとってもチャーミング。教員を志望する学生の気持ちを大切にしてくださり、授業では的確なアドバイスを現場の事例と理論にもとづいて教えてくださいます。卒業後は希望通り、公立小学校の教師になります。 



[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.