学生インタビュー(2013年度)

宮田 さん
教育学科 初等教育学専攻 2013年3月卒業


子どもたちの感情に丁寧に向き合い、
学ぶ楽しさを伝えられる教員を目指します。

 初等教育学は、将来教員を志望する学生が集まる専攻です。同じ目的を持つ仲間同士、切磋琢磨しあいながら、教職に必要な知識や技能を深めていきます。例えば3年次のゼミでは、グループで一つのテーマを取り上げ、発表するという授業があります。自分一人では向き合えなかっただろうテーマも、級友となら答えを見つけていけます。また、級友との学びの時間が、どんな教員になりたいかと考える貴重な時間でもありました。また、小学校教諭を志望していた私は、小学校をフィールドにしてボランティアをするなど、実践的な活動を心がけました。大学近辺の公立小学校での授業補助ボランティアや、児童養護施設で子ども達と触れ合いました。教育現場の厳しい現実に直面し、理論だけではなく、理論と実践の行き来が大切だと痛感しました。そうした中で、卒業論文で向き合ってみたいと思えるテーマ「さまざまな子どもが共に学ぶ意義―通常学級における特別支援教育―」を追究することができました。卒業後は都内の公立小学校の教諭になります。聖心女子大学で学んだ経験を最大限に生かして、子どもたちの思いに寄り添える教員になりたいです。

MY TIME TABLE

私の時間割


※ 1年次に履修した専攻課程科目の分野系列は、進級が内定した所属学科・専攻により決まります。
色科目は、専攻分野科目です。
※ 上記の他に、集中講義( 大学院開講科目含)、教育実習、卒業論文があります。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.