学生インタビュー(2013年度)

煖エ さん
教育学科 初等教育学専攻 2013年3月卒業


恵まれた環境で実践を積み重ね、
夢が叶って幼稚園の先生になります。

 幼稚園の先生になることが昔からの夢でした。初等教育学専攻では、教育の理論を深く学ぶ一方、実践の授業で身体を動かすなど、幼稚園教諭になるための専門知識や技能を学びました。近隣の幼稚園でボランティア活動を受け入れてくださったので、理論と実践を身近なところで結びつけることができ、大変恵まれた環境だったと思います。こうした授業と幼稚園での実践との密接な関わりは、仕事への手応えが感じられ、幼稚園教諭を目指すにあたって大きなステップになりました。就職活動にあたっては、キャリアセンターの求人票の他、東京都私立幼稚園連合会や日本カトリック学校連合会に登録して、情報を入手しました。また、複数の幼稚園を見学したいと考え、求人の有無に関わらず、先方に電話をかけて見学依頼をしました。複数の園を見学すれば、それぞれの良さが見えてきます。課外活動ではアナウンス研究会で人前で喋る訓練を積み、M.S.S.S.で手話を身につけ、園芸クラブ(Green Thumb Club)で園芸の楽しさを知りました。4年間に得たものを子ども達との楽しい日々に注ぎこみたいと思います。


[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.