初等教育学専攻の風景

生活科概論

ガイドブック2008より転載

 生活科概論は、初等教員免許状を取得する学生のために開講されている科目です。生活科という科目は、子ども達が、自分たちの生活を、「自然」と「社会」の双方向から、「体験」を通して見つめることができることをその目標にしています。その科目を指導するには、未来の教師たちがその教育的意味を、自らの体験を通して実感をもって理解していることが大切です。木々に囲まれた聖心キャンパスには、腐葉土がたくさんあります。5月には、稲や大豆・落花生を植え、観察や世話をし、秋には収穫をしていただきます。その間自分が教師になった時にはどう指導するかを、文献を読んだり、みんなで討論しながら考えていきます。

close