特色ある教育の内容

教育学科初等教育学専攻

学びの成果を教育現場で実践する教育実習

ガイドブック2019より転載

 学んできた教育の理論や技能をふまえて教員としての実践能力を養うため「教育実習」を行います。実習校で担当教員の指導を受けつつ、保育・教育活動の様子および子どもたちの様子を実際に観察し、参加し、実践します。それらの活動を通して、学校組織の実際、教員の責務、子どもの実態等への理解を深めるとともに、教員としての自覚と使命感を高め、自己のあり方となすべき課題を明確に把握することを目指します。
 「教育実習では二度、泣く」と言われます。一度目は、実習が体力的・精神的にハードで、どれほど考えて、情報を収集して準備をしても実践がうまく展開できず、思わず涙がこぼれる瞬間です。そして二度目は…。ぜひ、実際に教育実習に行き、「二度目の涙」を経験してください。

close