学生インタビュー(2012年度)

木村 さん
心理学科 2012年3月卒業


人の心理を学び、自分を肯定的にとらえられるようになりました

 高校時代に児童虐待などの悲しいニュースを聞き、心のケアをする臨床心理士や臨床心理学に興味を持っていたので、ゼミは臨床心理学を選びました。卒論では防衛的悲観主義について研究しました。これは過去にも同じような課題で成功していても、心配になってしまう性格で、そのネガティブな発想を原動力に努力して結果を残せる人を指します。私にもそういう一面があり、もっとポジティブにならなければ、と思っていました。しかし、防衛的悲観主義の人はポジティブになると、逆に成果を出せないとの結果が出ています。先生が「心理学は人生のヒントになる」とおっしゃっていましたが、私も心理学を学んだことで、自分を肯定的にとらえられるようになりました。また、心理学科では実験の授業があり、結果についての考察に正解はなく、徹底的に考える力も身につきました。

MY TIME TABLE

私の時間割


※ 1年次に履修した専攻課程科目の分野系列は、進級が内定した所属学科・専攻により決まります。
色科目は、専攻分野科目です。
※ 上記の他に、、集中講義、卒業論文があります。

[CLOSE]

Copyright(c), University of the Sacred Heart, Tokyo. All Rights Reserved.