心理学科の風景

心理学実験演習1

ガイドブック2008より転載

 「心理学実験演習1」は2年次前期の必修科目です。約60名の専攻生が小グループに分かれ、教員やインストラクターの指導のもと、毎回さまざまなテーマの実験を体験します。写真は、専攻のコンピュータ室で「目でものを探す」というテーマの実験を行っている様子です。実験のデータを分析すると、予想外の結果になったり、自分でも気づかなかった法則性が現れたり、興味深い発見の連続です。行った実験については必ずレポートにまとめて提出し、添削を受けることになります。これはなかなか大変な作業ですが、データに基づいて科学的な文章を書くことを繰り返すうちに、卒業論文においてはもちろん、社会に出てからも役に立つ、人間の心に対する確かなものの見方が身につきます。

close