聖心女子大学

国際交流カップ「生物多様性」プレゼンテーションのご報告 (2010年10月)

 国際交流専攻の2年次生を主体に開催される「国際交流カップ」では、毎年異なるテーマが出され、留学生を含んだグループ対抗のプレゼンテーションが行われます。
 2010年は生物多様性条約第10会締約国会議(COP10)の開催年という節目に際し、テーマを「生物多様性」とし、大会前には外務省の荒木喜代志生物多様性条約COP10担当大使によるご講演を賜りました。講演では生物多様性とは何かを皮切りに、生物多様性の問題に係る国際的な動向やCOP10における主要論点とその課題について取り上げられました。講演後はフロアから荒木大使への質疑応答の時間が設けられ、自然保護と経済成長の両立や外来種と固有種の共存の課題について、またCOP10における日本のリーダーシップの発揮に言及するなど、学生からの積極的な質疑がありました。
 このように日々の授業だけでなく、実際に前線で活躍されている方の貴重なお話を伺い、環境問題をより実践的に捉え研究することができます。

(2010年10月掲載) 報告者:聖心女子大学歴史社会学科国際交流専攻学生による 国際交流学生広報委員会

国際交流カップ 国際交流カップ 国際交流カップ
国際交流カップ 国際交流カップ


close