聖心女子大学

the International Interdisciplinary Environmental Conference

    I went to Denver, Colorado, USA with Professor Brenda Bushell and Ms. Eri Shigeta from June 12nd to 17th, in order to present at the International Interdisciplinary Environmental Conference.
    The title of our presentation was "Community Attitude, Willingness and Responsibility towards Waste Management in Kathmandu City, Nepal." The presentation was based on the research we did during our Field Study Program in Nepal in March 2014. In this research, we used a questionnaire to gather data on waste management problems in Kathmandu. We gathered data from a woman’s environmental organization, as well as householders and waste collectors. We focused on three points: community attitude, willingness and responsibility towards waste management. I went to Nepal two times in the Nepal Japan Study Program, so I’m very happy because I could present the results of our research. By going to Nepal I could understand that waste management is very important for the well-being of citizens.
    During the conference I could get knowledge about environmental issues through other presenters. A lot of people researched the environment in various places around the world. They thought about their research from various points of view. I can understand that the way of thinking is not always one way, we must consider many points when doing research. I was nervous before my presentation, but other presenters said to me, "Relax." "You can present, have confidence." So I was able to relax, thanks to them. Every presenter was very kind, so I enjoyed talking to them. This international conference was a wonderful experience for me. I’d like to thank professor Brenda Bushell from the bottom of my heart, because she gave me a big chance.

By Mako Hidaka   (3rd year student in the English Department)


 私は、6月12日〜17日にアメリカのコロラド州デンバーで行われた “INTERNATIONAL INTERDISCIPLINARY CONFERENCE ON THE ENVIRONMENT” という国際会議に参加する機会をいただきました。今年で20回目を迎えるこの会議では、様々な学問領域の教授や学生が世界中から集まり、環境・資源問題について理解を深めるためプレゼンテーションや意見交換を行いました。
 日本からは私を含め2名の本学の学生が参加し、ネパールにおけるゴミ問題の意識調査の結果と分析をプレゼンテーションいたしました。当会議に向けた調査の一環として、3月に本学のネパールジャパンプロジェクトに参加し、実際にネパールで現地の方やNPOといった、様々な立場のゴミ問題の当事者にアンケート調査を行いました。ネパールは、エベレストなど豊かな自然と多くの文化遺産に恵まれている一方で、10年ほど前から深刻なゴミ問題に悩まされています。現地でこの状況を見たことで分かったことがあります。それは、ゴミ問題はネパールが抱える様々な問題が絡み合った結果であるということです。問題解決のためには、カースト、宗教的価値観の相違、貧困、政府の政策、援助方法、インフラ整備、教育方針、男女格差、人々の環境に対する意識など乗り越えねばならない課題が山積しているのです。プロジェクトは、ネパールのナショナル・カレッジの学生と早稲田大学の学生と合同で行われたため、日本人として、学生として、聖心生として、自分ができること、求められていることを様々な立場から考えるきっかけとなりました。
 また、会議で発表するにあたって、文化的背景の異なる人たちに対して、いかにわかりやすく伝えるかということに苦心しました。しかし、図や写真を活用して視覚による理解を促したり、英語の表現を工夫したりしたことで、自身の学びへの興味と理解が深まったように感じています。
 「持続可能性」という自身の本学での学びが、このような更なる学びの機会につながり、国籍や年齢を越えて同じ興味を持つ方々と出会えたことがとても嬉しかったです。このような機会をくださった先生に感謝しています。今後も、自身の学びの成果をもって社会や人との関わりを深めていけたらと考えています。

重田絵理(3年 英語英文学科)


 

 

 




close