聖心女子大学

人間関係学科 比較文化特講の授業の一環で「JICA研究所公開シンポジウム「日本は世界の開発問題とどうかかわってきたか: ODA 60年の歴史の振り返りとポスト2015年開発アジェンダ」」 を見学

 2014年11月20日(木) 人間関係学科大橋正明教授がパネリストとして参加した標記のシンポジウムのパネルディスカッションを、比較文化特講を受講する学生が見学しました。
同シンポジウムの内容は以下の通り(JICAのウェブサイトより)

JICAシンポジウム JICAシンポジウム JICAシンポジウム

 1954年の日本のコロンボプラン加盟による政府開発援助(ODA)の開始から本年で60周年を迎えることを記念して、JICA研究所は公開シンポジウムを開催します。本シンポジウムでは、開発援助についての国際的な議論をリードしてきた有識者や、経験豊かな実務者の方々を国内外よりお迎えし、日本が行ってきた国際協力の60年を分析的に振り返るとともに、そこから教訓を引き出して、今後の日本そして国際社会全体が進めていくべき国際協力のあり方について議論します。ここでの発表の一部は、現在JICA研究所で進めている、日本のODAの歴史的分析に関する研究プロジェクト(その成果は来年、書籍として出版予定)に基づいています。
シンポジウムでは、オープニングセッションでの国内外の有識者による基調演説に引き続き、パネルディスカッション形式で議論を進めていきます。まず、日本のODAを歴史的、政治経済的な視点から比較・検証します。また、アジア諸国の開発援助の特徴についても議論します。さらに、日本の国際機関との関わりや、設立が構想されている新たな国際金融機関を含めた新興ドナーと、今後いかに生産的な協力関係を築けるかについても検討します。最後に、まとめとして、ポスト2015年開発アジェンダを念頭におきながら、日本を含む国際社会全体が国際協力をどう進めていくべきかについて議論します。
本イベントは11月20日(木)JICA市ヶ谷の国際会議場にて10時から18時半まで開催されます。政府関係者、開発実務者、研究者、外交団、国際機関、NGO、国際開発を専攻する学生の皆様をはじめ、多くの方々に幅広く議論に参加いただき、日本のODAや国際開発協力の未来について積極的な意見交換の場となることを期待します。


学生の感想


 当日は雨の中、市ヶ谷にあるJICAで行われたシンポジウムに参加しました。シンポジウムは海外の方もたくさんいらしたため、基本的に英語で進められました。なので私たちは同時通訳を聞きながらの参加となりました。
 正直学生の私たちにはまだまだ難しい話もたくさんありましたが、授業で習っていることについて、様々な考えを聞き、理解を深める良い機会となりました。このような機会を下さった大橋先生に感謝いたします。(3年 川島有貴)
JICAシンポジウム

 今回のシンポジウムには国内外からパネリストと見学者が参加されており、普段大橋先生の講義の中で教えていただいている機関やNGOなどの有識者・実務者の方々のお話を直接聞くことができました。大橋先生がパネリストとして登壇された「ODAの未来とポスト2015開発アジェンダ」のセッションでは、各パネリストのそれぞれ異なる視点からの意見を聞き、キーワードが印象的で、内容ももちろんですがプレゼンテーションの仕方も大変勉強になりました。
 私はその中でも特に、「開発は単に多くの人が関わるだけではなく、複雑な側面について考えなければならない」という点、「開発は知識の蓄積である」と言うように、人材開発に力を入れるべき、また民間企業の技術をいかに開発のプロセスに取り組めるかに注力すべきであるという点について考えさせられました。途中、「日本らしい貢献の仕方」をという表現をされてお話されていた方がいらっしゃいましたが、日本らしいとはいったい何なのか、国際社会全体の中で日本の国際協力の強みとは何か、という新たな疑問が生まれたので、また大橋先生にお話を伺おうと思っております。
 このように私自身開発についてまだまだ浅識ですので全てを理解することはできませんでしたが、今回参加させていただいたことで、これまで学生がなかなか参加しづらいイメージだったシンポジウムの印象も変わり、国際開発について理解をさらに深め考えていきたいと思うきっかけにもなりました。(3年 遠藤佳)


  
※上写真左から3人目: 下村恭民先生(主催者のお一人,元JICA幹部,法政大学名誉教授)
※上写真左から4人目: 大橋正明教授(聖心女子大学人間関係学科)

−−シンポジウム概略−−
主催者: JICA研究所
言語 : 日本語、英語(日英同時通訳あり)
日時 : 2014年11月20日(木) 10:00 - 18:30(9:30受付開始)
場所 : JICA市ヶ谷ビル 2F 国際会議場

 arrow シンポジウムのプログラム・詳細はこちら(JICAウェブサイトより)
 本学の大橋教授は、このプログラムの中の、「16:50-18:20 セッション4 : ODAの未来とポスト2015年開発アジェンダ」のパネリストとして登壇しています。

JICAシンポジウム JICAシンポジウム JICAシンポジウム

(2014年11月掲載)


close