社会文化学専攻は、国際交流と人間関係を母体として設けられた大学院の専攻であり、現代社会における人々の行動や意識、文化などを総合的に研究することを目的とする。流動化する現代社会の様相は、特定の学問分野からだけでは捉えきることはできない。その実態と変化の方向性を理解するには、国家や地域社会といったマクロな視点と共に、家族やその構成員としてのミクロな視点の双方から分析することが必要である。社会文化学専攻では、社会学、心理学、文化人類学、国際関係論、法学、比較文化論といった社会や文化を研究する諸領域を融合させ、今後の社会の動向を理解し、予測し、あるべき姿を提言するための新しい知の体系を模索してゆくことを目指している。

     

本専攻は大きく二つの領域に分けられる。「社会システム研究」領域では、家族、人間関係、社会適応、社会福祉、国際関係など、現代社会で生じている様々な現象や問題点を、社会学、社会心理学、人格心理学、国際関係論、法学などの視点から総合的かつ構造的に考察する。他方、「比較文化研究」領域では、世界諸国、諸地域の思想、宗教、言語、風俗、習慣など、社会・文化のバックボーンとなる人間の活動について、文化人類学、言語文化論、比較思想論などの視点から考えていく。授業は、講義、文献講読を重視しつつも、調査実習、データ解析、プレゼンテーション、討論などの要素を多く盛り込んだ実践的、実習的な形式で行われる。修士論文の指導は、指導教員一名、副指導教員一名を配した複数指導体制で行い、幅広い視点を培う一方、徹底した個人指導によって個々の学生の問題意識をより深く掘り下げていく。なお、本専攻では専門社会調査士資格を取得するに充分なカリキュラムを用意している。

■概要イメージ

概要イメージ