委員会・クラブ・同好会・愛好会活動紹介
大学生活を豊かにし、友だちをたくさん作るために、クラブ・委員会の活動は欠かせません。
また、興味や関心を自由に追求するために。一生の仲間と出会うために。
そして何より、新しい自分を見つけるために。
自分に熱中できるものを、友達とともに心から楽しむ。
スポーツに、趣味に、自分の可能性を開く扉は、いつでも目の前にあります。
クラブ・委員会一覧はこちら
今回は、数あるクラブ・委員会の中から、E.S.S.クラブと、本学において開催された「第2回カトリック女子大学総合スポーツ大会」についてお知らせします。  (学内広報誌聖心キャンパス152号より)
E.S.S.クラブ  ディベート大会本学にて開催

 On December 1, 2002, the preliminary debate tournament for the Kanto area of NAFA (National Association of Forensics Argumentation)was held at the University of the Sacred Heart,Tokyo.This year,thirty teams from the E.S.S.debate section of twenty universities in the Kanto area took part in the annual tournament.
 The Affirmative team and the Negative team contested on this year's proposition to be resolved which was about clone technology in medical science.Each team tried hard to present their arguments before the judge.
 All the teams spent half a year preparing for their respective positions regarding the proposition.Keiko Yasumori and Chiyo Sato of the University of the Sacred Heart took part in the debate as representatives of our team and worked hard to create an argument for our case.
 Tsukuba University A Team and seven other teams passed the preliminary,and proceeded on to take part in the finals at Kyoto which took place the following
weekend.
 We,the members of the University of the Sacred Heart debate team,will continue to practice and enhance our debating skills in the future.

 第2回カトリック女子大学総合スポーツ大会

第2回カトリック女子大学総合スポーツ大会が、大会会長・聖心女子大学山縣喜代学長の挨拶により開会され、平成14年12月21・22・23日の3日間、聖心女子大学に於いて行われました。京都ノートルダム女子大学(京都)、ノートルダム清心女子大学(岡山)、白百合女子大学、清泉女子大学、聖心女子大学の計5校が参加し、硬式テニス、バスケットボール、ラクロスの3競技で熱戦が繰り広げられ、第1回大会(京都)に続いて聖心女子大学が総合優勝をしました。
 また初日の夜は、本学食堂で懇親会が催され、各大学・クラブの紹介も行われ、1年ぶりの再会に会話も弾み、親交をより深めることができました。
 この大会が各チームにとって、1年間の練習の成果を発揮する場であり、そして自分たちの成長を確認する場となりつつあります。平成15年12月に、岡山のノートルダム清心女子大学で第3回大会が行われる予定です。その大会に向けて日々の練習に一層力を入れていきたいと思います。また開会式と閉会式では、その1週間前の全日本学生チアリーディング選手権大会で入賞した本学のチアリーディング部が、素晴らしい演技を披露し、大会を盛り上げました。         大会学生委員