今年も良い年でありますように・・・・。

   新しい年を迎え、いよいよ入学試験も間近に迫ってきました。まだまだ寒い日が続きますが入学試験当日に実力を出し切れるよう、体調を整えておきましょう。
  
験生へのメッセージ

 受験生の皆さん、あけましておめでとうございます。

 入試シーズンを控えて、それぞれに未来への希望や抱負を胸に、新たな気持ちで新年を迎えられたことと思います。

 私たちを取り巻く環境は、国の内外を問わず急激な変化のただ中にあります。聖心女子大学はそうした変化の中で、伝統を大切にしつつも、日々前進しております。
 皆さんが大学生となられる四月、聖心女子大学の教育システムにまた新たなページが開かれます。それは副専攻制度の導入です。聖心女子大学が九つの学科専攻から成り立っていることはご存じと思いますが、副専攻というのはこの九つの学科専攻のいずれかを主専攻としながら、それと同時にもう一つの学科専攻を副専攻として選択できる制度です。それによって、大学での学びに広がりと深みを与えようというものです。
 例えば日本語日本文学と英語英文学を組み合わせて主専攻・副専攻とした人は、日本とイギリスの演劇の比較をしてみたいと思うかもしれません。あるいは哲学と国際交流を組み合わせた人は、抑制と均衡を基本とする現代民主政治のルーツが古典古代と呼ばれるローマ時代にまでさかのぼるものであることを発見するかもしれません。どのような学科専攻をどのようなコンセプトで組み合わせるか、それは学生一人ひとりの自由な選択に委ねられます。そこではあなたが紡ぎ出す、あなただけの知の文様が広がることでしょう。
 もちろん、主専攻だけを選択して特に副専攻は選択せず、九つの専攻のさまざまな科目を好きなように選択して履修するという道もあります。聖心女子大学の多彩な学科専攻や科目を、あなたに合った方法で好きなように組み合わせてみて下さい。

 入試シーズンの到来と同時に春が駆け足で近づいてきます。聖心女子大学の緑豊かなキャンパスの木々も一斉に冬の眠りから目覚め始めます。そして皆さんが新入生となられる四月には、正門から長く続くキャンパスの並木道に桜のトンネルができていることでしょう。入学式当日に満開の桜とともに皆さんをお迎えできますように祈っております。
 入学試験までの一ヶ月は一年中で最も寒さの厳しい時期です。健康に留意して、ご自身の持てる力を入試当日に十分に発揮できるようになさってください。
 聖心女子大学も、教職員一同、万全の体制でお待ちしております。

                                                                                    入学広報室長 : 関場誓子


  関場誓子:入学広報室長 国際交流専攻教授

専門は国際政治。今や唯一の超大国となったアメリカ。そのアメリカの対外政策の移り変わりを、政策決定に関わった人々の「人間ドラマ」として追求していく。



一般入試情報

<3教科方式>
 定員        250名

 出願期間      郵送受付:2004年1月6日(火)〜1月26日(月) 締切日消印有効
            窓口受付:2003年1月27日(火) 受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00

 試験/選考日  2004年2月1日(日) 本学キャンパスにて

 合格発表      2004年2月6日(金)


<プレゼンテーション方式>
 定員       若干名

 出願期間       郵送受付:2004年1月6日(火)〜2月13日(金) 締切日消印有効   

 試験/選考日  2004年2月18日(水) 本学キャンパスにて

 合格発表     2004年3月1日(月)



試験当日のアドバイス

試験会場は暖房で暖かくしてありますが、服装でも調節できるよう、脱ぎ着のしやすい服装をおすすめします。高校の制服でなくてもかまいませんのでリラックスして試験を受けられる服装でいらしてください.

午前10時から学力試験を開始しますので、当日は時間に十分な余裕を持ち、9時30分までに来学してください。(試験場開場時間:午前8時30分) 学力試験日は日曜日ですので、交通機関が休日ダイヤになります。平日よりも時間のかかる場合がありますので、あらかじめ利用する交通機関の時刻表を確認しておくことをおすすめします。  また、試験当日の朝に慌てないためにキャンパスの下見をしておくことをおすすめします。本学は入学試験の前日までキャンパス内に入ることが可能です。

電車の遅れによる遅刻には対応しますので、その場合は申し出てください。できるだけ遅延証明を各交通機関から受け取ってください。

試験当日は使い慣れた文房具を使用することをおすすめします。

                                      
2004年  あけましておめでとうございます