新入生始業ミサ


2004年4月7日 新入生のための始業ミサが行われました。
始業ミサとは、大学での最初の授業の開始にあたり、新入生が一同に会して神に祈りを捧げる本学独自の行事です。本学はキリスト教カトリックの精神に基づいていますが、学年の全員が一堂に会したミサはこの「始業ミサ」だけです。(他の学生ミサなどは任意参加です)
今年はマグダレナ・ソフィア・センターとダンス部・ギターアンサンブルクラブ・聖歌隊の協力のもと、ダンスによる入祭から始まり、ギター演奏などを織り交ぜたユニークなミサとなりました。
新入生は静かな聖堂の中で、新たな生活に向けて様々な思いをめぐらせたことと思います。



新入生の皆さんの祈りが通じますように・・・ ダンス部による入祭の踊り 聖歌隊の皆さんも美しい歌声を披露して下さいました。

入祭の歌はギターアンサンブルクラブの伴奏でした。 司祭はガラルダ神父様です。