専攻 個別相談担当教員
推薦図書
模擬授業担当教員
授業のテーマと内容
英語英文学 林 龍次郎

「新語はこうして作られる」
窪薗晴夫 著
 林 龍次郎
「ことばの仕組みと人間の脳 」
 人間はみな苦労なく自分の母語を習得し、日常無意識のうちにそれを使いこなしています。なぜそのようなことが可能なのでしょうか。ことばを使う力と人間の脳とはどのような関係があるのでしょうか。言語学は言語そのものにとどまらず人の心や脳の研究に結びついていきます。そうした研究の一端を紹介します。
日本語日本文学 深沢 了子

「江戸の想像力 18世紀のメディアと表徴」
田中優子 著
 深沢 了子
「俳諧の世界」
 「古池や蛙飛び込む水の音」。よく知られた芭蕉の句ですが、この「蛙」はなぜ古池に飛び込んだのでしょう? 江戸の人々にとって「蛙」がどういうイメージを持つ言葉であったかを手がかりに読み解いていきます。「わび・さび」とはひと味違った、機知あり、人情ありのさまざまな俳諧(俳句)を楽しんで下さい。
史学 佐々木 隆

「江戸城御庭番」
深井雅海 著
 佐々木 隆
「鹿鳴館残影」
 誰でも知っている鹿鳴館。しかし正面写真には見覚えがあっても、中がどうなっていたのかは余り知る機会がありません。明治時代を訪れた平成の女子大生として鹿鳴館改め華族会館の内部を探検し、ひとときの明治人気分を味わいます。「日本近現代史T 明治東京独案内(ひとりあんない)」の一部を再現します。
人間関係 菅原 健介

「高校生のための心理学」
松井豊 編

 ― 個別相談のみ ―

国際交流 行廣 泰三

「甘えの構造」
土居健郎 著
 行廣 泰三
「海外旅行と日本人−異文化理解−」
 Seeing is believingという諺に隠されている深い意味を噛み締めて海外旅行をする人が、どのくらいいるのでしょうか。というのは、海外旅行は、もう立派な異文化体験の始まりなのです。それはある意味では、無意識的に単眼的な考え方・見方から複眼的な考え方・見方に繋がることになります。だから、どんなに小さな旅であっても目的を持って出かけることが望ましいのです。
哲学 加藤 好光

「自由と規律―イギリスの学校生活―」
池田潔 著

 ― 個別相談のみ ―

教育学・   
 初等教育学
永野 和男

「コンピュータが連れてきた子どもたち」
戸塚滝登 著
 河邉 貴子
「幼児教育への招待」
 「幼児教育」は就学前の子どもを対象とした教育ですが、広くは家庭教育も含みます。小さな子どもにはどのような生活が必要なのでしょうか。また、取り巻く環境が劣悪化する現代社会において、大人としてどのような環境や教育の基本を保障することが、今求められているのでしょうか。幼児期の子どもの姿を具体的に示しながら、解説したいと思います。
心理学 永井 淳一

「君たちはどう生きるか」
吉野源三郎 著
 永井 淳一
「目でものを探すこと:視覚探索の心理学」
 本棚から参考書を探したり、人込みの中から友人を探したり、私たちは 目でものを探すという作業をたえず行っています。このような人間の心の はたらきは、心理学では「視覚探索」と呼ばれ、さまざまな実験によって 調べられています。この模擬授業では、人間がどのようにして目でものを 探しているのかについて、教室で視覚探索の実験を実際に体験しながら 考えてみます。
 8月のオープンキャンパス