久邇宮御殿文庫

  • LINEで送る

『昭和天皇実録』(御常御殿の前、現在の1号館北側にありました。)

▼『昭和天皇実録 第二』(宮内庁編修、東京書籍2015年3月30日発行)の大正八年(1919年)十二月十八日木曜日の箇所に、次のとおりあります。▼今暁、府下下渋谷の久邇宮邸内西洋館において火災が発生し、同館が焼失する。よって皇太子は御見舞として東宮侍従(略)を遣わされ、邦彦王へ加薬素?四重一組を贈進される。また同邸へ握飯・煮染各百人前、清酒一樽を贈られる。▼12月18日はあまり時を立たず、久邇宮御殿竣工(5月5日)から7カ月後になります。▼久邇宮御殿西洋館は、2階建てで、階下には若宮御居間3室、球戯室(ビリヤード)、浴室等、階上には、殿下御居間、妃殿下御居間、御書斎、御寝室、和室等がありました。▼西洋館跡地には、久邇宮御常御殿(1924年竣工)が建てられ、同御常御殿はひき屋により、本学キャンパスの別の場所に移動し、現存しています。▼西洋館があった、1号館北側、現在の様子です。

 

DSC_6462DSC_6558

 

 

久邇宮御殿文庫

トラックバック
http://www.u-sacred-heart.ac.jp/library/koho/archives/2015/03/31/17888/trackback
聖心女子大学図書館広報オンライン
 
聖心女子大学図書館広報オンライン
  • « 2月 2015年3月 4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

カテゴリー

年度アーカイブ

ページの先頭に戻る

Top