聖心女子大学図書館

文字サイズ
本学の図書・雑誌を探す(OPAC)
  • OPACの使い方
  • 詳細検索
国内・海外論文検索 利用ガイド 詳細検索

図書館長メッセージ「ようこそ発見と憩いの場へ」

  

“図書館”、と聞くと、学生の皆さんは何を連想しますか。あまり馴染みのない空間、授業で紹介されてときどき資料を探しに来る場所、いつでも調べものに立ち寄れる隠れ家など、学年や学びの専門性によって、さまざまな答えが返ってくるでしょう。私自身、学生時代には、本学図書館をよく利用しました。本に囲まれて、何時間もすごしたのはなつかしい思い出です。目当ての本を探しに来たのに、その本に行きつく前にほかの本を見つけて、かえって有益な情報を得たことも、ぶらりと立ち寄ってただぼんやりと時間を過ごし、ほっとしたこともあります。他大学の大学院に進学してからも、本学図書館でほかでは入手しにくい資料とめぐりあい、誇らしくもありがたい思いをしたことが幾度もあります。

本学の図書館の蔵書数は、現在約40万冊で、小規模の大学としてはずいぶんと充実しています。哲学、歴史学、文学、語学、社会学、経済学、心理学、教育学等、本学で学ぶことのできる分野の、多岐に及ぶ蔵書がみなさんを待っています。また、契約しているオンラインデータベースには、同規模のほかの大学にはないような専門的なものもあります。外国語の蔵書・雑誌・オンラインデータベースが多いのも本学図書館の特徴です。

どのように図書館を利用するかは、学生のみなさん次第です。まだあまり図書館を知らないのであれば、とりあえずは中に足を踏み入れて、自分の学びに縁がありそうな図書の見当をつけてみるといいでしょう。グループでの学習に適した明るい空間もありますから、友人と訪れて図書館で学ぶことの楽しさを感じてみるのもいいでしょう。学生や教職員が企画する折々の展示に見入って友人と語りあうのも、図書館と親しむひとつの方法です。また、図書館のオンラインデータベースにアクセスして、使い勝手を確認しながら検索をかけて遊んでみるのもいいでしょう。遊んでいるうちに大発見というのもめずらしくはありません。図書館はみなさんの必要に応じて本や情報を提供することを使命としていますから、ほしい本や雑誌があればぜひ注文してください。

みなさんひとりひとりの学びを支える図書館として、発見と憩いの場として、学習サポート体制のさらなる充実に向けて努力を重ねていきたいと思います。

図書館長

安達 まみ(ADACHI, Mami)

館長への質問

Q1.好きな食べ物は?
A. 金目鯛の握り寿司、オートミール、レンズ豆のスープ、ルイボスティー
Q2.好きな歴史上の人物は?
A. ジャンヌ・ダルク、クリスティーヌ・ド・ピザン、メアリー・ウォード。世の中を変える夢を実現しようとした女性に憧れます。
Q3.マイブームは?
A. 旅、猫と遊ぶこと、英国TVドラマ『刑事フォイル』のDVD鑑賞
Q4.宝くじで3億円が当たったら何をしたい?
A. 半分は、基金を設立し、若手研究者のために役立てたいです。あと半分は、犬猫のホームの設立・運営に使いたいです。
Q5.現在のご専門を選ばれた理由は?
A. 子どものころから本を読むのが好きで、英語を使う仕事をしたかったからです。
Q6.座右の銘は?
A. 「千里の道も一歩から」「芸術は長く人生は短し」
Q7.初めて買った本は?
A. 残念ながら覚えていません。父が5歳の誕生日に買ってくれたのは、小さな木製の専用本棚にぴったり収まったピーターラビットシリーズ(英語版)でした。
Q8.大学生へお薦めしたい本は?
A. Kazuo Ishiguro, The Remains of the Day / Gary Blackwood, The Shakespeare Stealer Series
Q9.聖心女子大学図書館の印象は?
A. 落ちついて本が読める静かで明るい空間。書架で本の背表紙を目でたどりながら、ゆっくりすごすことができます。
Q10.聖心女子大学図書館長としての抱負は?
A. 教職員の方々と力を合わせて、学生のみなさんに身近な図書館を作っていきたいです。どうぞいろいろとご意見をお寄せください。

館長略歴

聖心女子大学文学部 英語英文学科英語英文学専攻 教授
Shakespeare Institute, University of Birmingham 大学院博士課程修了

研究分野 :
文学、芸術学
研究テーマ :
初期近代英文学、翻訳理論と実践、英国児童文学
著書 :
Shakespeare Jubilees: 1769-2014,"Commemorating Shakespeare in Japan: 1964, Before, and Beyond" (Münster: LIT Verlag, 2015)
『エフィー・グレイ ラスキン、ミレイと生きた情熱の日々』(訳)(岩波書店, 2015)
『シェイクスピアを追え!―消えたファースト・フォリオ本の行方』(訳)(岩波書店, 2014)
『くまのプーさん:英国文学の想像力』(光文社, 2002)
ページTOPへ

Share On

  • 聖心女子大学図書館公式Facebookページ
  • 聖心女子大学図書館公式Twitter(@USH_Lib)
  • 図書館now