聖心女子大学

2013年6月15日(土)開催 震災復興支援チャリティデー

 6月15日(土)、本学マリアンホールにて聖心女子大学復興支援チャリティ・デイを開催いたしました。大学の在学生・教職員を中心に、姉妹校、卒業生、聖心会、法人本部など、聖心ファミリーが一丸となって、「被災地の今」を学ぶ研究展示、東北の経済をサポートするための物産展、資金を得るためのバザー、アトラクションのステージ公演を行いました。当日は雨の予報を覆して天候にも恵まれ、およそ1,200人もの方々にご来場いただいて大盛況となり、お陰様でバザーの収益は昨年度を大幅に上回る¥1,029,205(6月24日現在)に上りました。収益は、本学主催で行われている復興支援活動の資金の一部とし、被災地に還元させていただきます。
 初等科生から聖心会の最年長のシスターまでが一堂に会し、遠方の小林も札幌も温かいお心を届けてくださり、聖心ファミリーの絆を一層強く感じたひとときでもありました。ご協力いただいたみなさまに、厚く御礼申し上げます。

 ご報告の詳細、報告ポスターはこちらよりご覧ください。

震災復興支援チャリティデー13 震災復興支援チャリティデー13 震災復興支援チャリティデー13
震災復興支援チャリティデー13

※収益を使用して行われております支援活動につきましては、報告をまとめ次第、順次、「聖心女子大学の 東日本大震災復興支援活動」のページに掲載する予定です。

※なおチャリティデーにて売れ残った書籍は「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト(http://books-rikuzen.jp)」へ寄付させていただきました。


参加学生団体からのご報告

東北への祈り  −リタジーサークル−

 私たちリタジーサークルは、「東北への祈り」と題して展示発表を行いました。
 何十枚もの被災地の写真を見、話し合いを重ね、部員一人ひとりが自分の言葉で綴られた東北への祈りを、被災地の写真とともに掲示しました。また、冊子を作ったことで多くの来場者と祈りを共有できたことは大きな喜びと励みになりました。
 今回の経験を通して一人ひとりが、忘れかけていた被災地東北への思いを改めて意識し直し、そして新しい繋がりを持つことができました。


MSSS 、 チャリティーデイ

 MSSSでは今年初めてチャリティーデイに参加させていただきました。部員が作ったクッキーを販売して回りました。
 外部のボランティア団体の方もいて、その方たちとお話しをすることもでき、とてもよい刺激になりました。


震災復興支援チャリティデー13 震災復興支援チャリティデー13 震災復興支援チャリティデー13
震災復興支援チャリティデー13 震災復興支援チャリティデー13 震災復興支援チャリティデー13

ご報告の詳細、報告ポスターはこちら
出店・参加者募集のご案内(ご参考)


close