Voices of Past Participants

Voices of Participants (Fall/Winter Semester 2017)

≪輔仁大学(台湾):アテイ≫

 日本で留学生活を送ることはとても新鮮です。日本の異なる文化に接し、いろいろなことを学びました。多種多様な文化体験があるので(茶道や華道など)、とても面白かった。日本語授業の内容も完璧で、役に立ちます。

≪輔仁大学(台湾:チャオホン≫

 日本に来る前に、日本語に対して自信を持っていませんが、聖心の先生たちのおかげで、日本語の能力が高まると思います。今の寮は狭くて古いですけど、十分だと思います。新しい寮に住めないですからちょっと残念だと思います。
 広尾は便利なところだと思います。歩いて渋谷と原宿に行くことができます。この半年間、色々なところに行きました。自分が時間をちゃんと利用したと思います。

≪輔仁大学(台湾):ショウユ≫

 次の留学生に言いたいことは、“半年間は本当に短くて、時間も早くに過ぎちゃうと感じるかもしれません、だから、できるだけ自分がやりたいことを実現できたらいいと思います”。
今回の留学期間が短すぎて、たくさんの人に出会っても、ちゃんと活動を参加しても、もっと日本の友達と知り合いたくて、自分のコミュニーケション能力が足りない気がする、確かにもっと話せればいいけど、チャンスを見逃しちゃったことがあると思っていました。でも、旅行でその考えがだんだんなくなっていきました。たくさんの人に出会って、相手のことを知らなくても、たくさん話ができて、思ったより多くの思い出を作ることができました!
自分の考えが狭い時、誰かに話すと、絶対何か影響を受けられると思います。今回の留学生活は楽しくていっぱい学びました!

Voices of Participants (spring/summer Semester 2017)

≪輔仁大学(台湾):エイセン≫

 今までは観光客として日本の文化や美しさを発見して、今度、留学生としてこんな長い時間を生活して、知らない日本と触れ合い、悲しいこともあるしもちろん、楽しいことがいっばいあります。わたしも成長してきて、留学するという選択が良かったです。国際センターの先生も優しくてサポートしてくれてありがとうございます。寮母さんたちもまるで母のように見守って感謝です。
聖心女子大学への留学期間は、楽しかったです。いろいろな国から来た友達ができて、仲間たちが支えてくれて、感謝しかないです。留学生活の思い出を一生忘れないです。本当に留学して良かったです。

≪ヴェネチア大学(イタリア):キアラ≫

 留学期間を通じて非常に日本語の会話力を伸ばしたと思います。食堂や図書館に行くだけで沢山の人と話し、楽しくて有意義な時間を過ごしました。特に積極的に話すようになったことで、日本人の価値観が少し理解できるようになって、日本語で話す相手と近づくことができたと思います。そしてイタリアの大学で専攻したものを思い出すこともありました。例えば、授業でジェンダーという問題を話して、去年勉強した女子文学が浮かんできたこともあれば、実際に男女の差を感じたこともあります。
悪いことにしても良いことにしても、違う文化や価値観に触れて満足しています。また、授業やスピーチ練習のおかげで日本語の発音もよくなってきました。国際交流という授業も受けて、毎週変わるテーマについてグループワークを行うことがとても刺激的だったと思います。こ留学期間はいい経験で非常に役に立ちました。これからもがんばって沢山経験をして日本語がもっと上手になりたいと思います。

≪ヴェネチア大学(イタリア):デボラ≫

 Studying Japanese at the University of the Sacred Heart was a great experience. Not only I had the chance to speak Japanese every day with “real” Japanese, but I’ve also found living with them in the student residence very useful in learning how to understand a new culture in the most basic way possible: living the everyday life. Even though at first the language courses seemed a little difficult and the amount of presentations, essays and homework seemed enormous, after a bit I get used to all the pressure of the classes, and I started enjoying my staying in japan more. Thanks to this experience, I had the opportunity to make really good friends not only within the university students, but also within the other exchange students. It if wasn’t for this experience, I would have never had the chance to meet people from Taiwan, France, Indonesia and south Korea in such an amazing and informal context, and I would have never challenge myself to speak Japanese with them even if speaking in English would have been much easier. The teachers were always very kind, supportive and understanding with us, not only always giving us motivation in learning Japanese, but also trying to understand our everyday life problems and concerns.

Voices of Participants (Fall/Winter Semester 2016)

≪フランス国立東洋言語文化大学(フランス):マシェ≫

 フランスでは、毎日学校まで1時間かかっていた私にとってはこの聖心女子大学での寮生活は、5分以内で部屋から教室まで行けるのが本当に奇跡みたいな状況でした。そのうえ、日本人も、留学生も皆優しくて、本当に家族みたいに感じました。
それに、留学生皆で友達グループになって、一緒によく出掛けました。ディズニーに行ったり、富士急ハイランドに行ったりして本当に一生忘れない思い出になると思います。
もちろん、少しはホームシックになりましたが、毎日が楽しくて、できれば卒業するまで聖心女子大学にいたいと思っています。

≪輔仁大学(台湾):テイウン≫

 日本にいる間に多彩な日本文化と美しい景色を楽しめることは一番嬉しいと思います。暇がある時に、特に有名な場所ではなくてもよく見に行きました。東京の日常も感じたいと思っていたからです。朝の、行ったり来たり忙しそうなサラリーマン、木で出来た和式の建物、美味しい日本料理など、これらを自分のカメラで記録することは大好きです。日本の秋はパレードのように、全てのの色を含んでいます。台湾では見られない景色もいっぱいあります。特に聖心女子大学の自然は色鮮やかであまりにも美しくて、足が止まって時間を忘れてしまうほど見入ってしまいました。 日本でハロウィン、クリスマスと新年の三つの印象深い祝日も過ごしました。台湾との違う雰囲気と祝い方を感じて自分の視野を広げられました、日本にいるのはたったの半年でしたが、出来るだけ日本の様々なことを感じました。この半年の美しい記憶は帰国しても大事にして、これからの人生に挑戦していきたいと思います。

≪ナショナル大学(インドネシア):アンニサー≫

 こんにちは。インドネシアから来た2016年の短期留学生のアンニサーです。
聖心女子大学に留学するために初めて日本にきました。日本に来る前に色々な心配ごとがありました。その一つはうわさによれば日本人はつめたいそうで、日本人の友達ができるかどうか心配しました。でも、そんなことはまったくなかったです。日本人は本当に優しくて、いつも私を助けてくれました。 国際センターや大学や寮の先生方もいつも優しく指導してくださって本当に楽しかったです。
毎日楽しくて、5ヶ月もどうしてこんなに時間が早く過ぎてしまうのかわかりませんでしたが、本当に忘れられない留学になりました。日本のことが大好きです!

Voices of Participants (spring/summer Semester 2016)

≪ナショナル大学(インドネシア):ムルニ≫

 Studying in Japan is one of my dream. I was very happy when I knew that I’d accepted in University of the Sacred Heart as a overseas student because I never imagine before. So, I am so thankful for it. In this university I did not only learn Japanese, but also I learned about responsibility (ex: put my trash into my bag and bring it back home), how to manage time well (because Japanese alway keep on time). In japanese class I have three textbooks, and there are always an answer key on the back side. And it taught me how to be honest to myself . because if I want I just can cheat by looking the answer and I don’t have to answer the question with my Japanese ability. During I was in Japan I stayed in the dormitory of the school. It was great because I met some kind of Japanese friends. They are kindly helped me when I got some trouble like how to used rice cooker, wash machine and so on, because all of that stuff using kanji. Then , I also learned some Japanese traditional culture, like Japanese calligraphy (Shodo), Japanese tea ceremony (Sado), Japanese traditional dancing, Japanese traditional martial art (naginata), tried to play samisen and koto, at the first I thought maybe that was easy like playing a guitar but not easy at all. And the most I loved is when we have a cooking class. We cooked some japanese dish like sushi, chawan mushi and so on. I loved it because one of my hobby is cooking. And also we visited the biggest Buddhist statue in Kamakura, that’s great because I never seen before. Last but not least, I am really very happy because I can get closed with some japanese friend. I love them so much ! I hope I can study here again !

≪ヴェネチア大学(イタリア):サラ≫

 このように長く日本にいられたのは初めてでしたが、そのようなことを言うのに気がついたらもう留学は終わってしまいました。
この5か月のことを考えると、頭の中に良い思い出しか浮かばないのです。特に寮での生活です。実は最初は日本をもっと楽しみたいという気持ちがあって、もっと外に居たかったから、門限がちょっと大変でしたが、門限のおかげで、帰ったら他の留学生と日本人の女の子と過ごす機会があったので、いい友達もたくさんできました。ですから、寮での生活は毎日楽しくて、面白かったです。そして、寮の受付や食堂にいる方々はいつも優しくて、私にとって母のように見えました。または、寮に住んでいる女の子が私たち留学生のために、いつもパーティーなどを行ってくれて、皆のおかげで全然ホームシックになりませんでした。
先生も皆優しかったし、何かわからないことがある時は、もう一度やさしく説明してくださったし、とてもよかったです。
本当に、ずっと心に残る思い出だと思います。

≪カレル大学(チェコ):マリエ≫

 日本に来る前に、たくさん心配なことがありました。実は、最初の1週間は本当に大変でした。時差ぼけがあったし、誰も知らなかったし、困りました。しかし、だんだん新しい友達ができるに伴って、留学が楽しくなってきました。寮で住んでいる日本人学生は、私が困っているとき、助けてくれました。友達と遊ぶことだけでなく、授業や文化プログラムも面白かったです。授業で先生が日本語の文法とか発音を優しく教えてくれて、自分の日本語の能力を伸ばすことができたと思います。一番楽しかっのは文化プログラムです。先生のおかげで、茶道、書道、日本の踊りや、いろいろな日本の文化を楽しんで、貴重な経験になりました。鎌倉の見学は、紫陽花の季節だったので、すぐ鎌倉の伝統的な雰囲気を好きになりました。友達や先生の優しさのおかげで、日本の生活に早く慣れてきました。絶対に、もう一度日本に帰ってきたいと思っています。

≪白石大学(韓国):ユジュン≫

 基本的な日本語の授業と中級文法までいろいろな授業を聞いて勉強しました。日本語だけではなくて文化も学んで良かったと思います。聖心女子大学に来る前までは日本語が上手ではありませんでしたが、今は自信を持って話すとか、書くことができるようになりました。私は短期留学生だから少し忙しかったですが、ここで留学しながらアンケートとインタビュー調査とスピーチなど新しい経験をして面白かったです。私の両親は留学することを心配して日本に行かなくても日本語の勉強ができると言いました。もちろんそうかもしれません。でも日本で経験したいと思って留学を申請しました。やはり、日本で日本語で生活したことは良かったと思いました。日本に来る前より少し実力が上がりました。留学することは難しかったですが、人生の中で一番良い決心だったと思います。

Voices of Participants (Fall/Winter Semester 2015)

≪白石大学(韓国):ジュヒ≫

 日本に来て日本語を話すことが怖かったです。しかし、聖心で勉強してからこの怖さはなくなりました。先生達は留学生のためにいつも優しく説明してくれて本当に役に立ちました。寮の生活をして共同体生活を経験することができたし、日本人の学生達は留学生に関心を持って付き合ってくれて今までもありがたいと感謝しています。私が聖心で面白かった思い出は聖心祭をしたことです。いろいろな行事があって皆は賑やかで元気な気持ちがよかったです。私の学校と聖心の祭りを見て文化的な違いを比較することができました。
聖心で勉強をできた経験は私にとって本当に幸運だったと思います。授業は理解しやすく、授業時間もいつも面白かったし国際センターでもいろいろとの体験をできるように気を使ってくださって留学生活が楽しくて幸せでした。寮に住んでいて、日本人友達が優しくて付き合うのが簡単だと思いました。日本に留学をしたい学生がいるなら、本当にお勧めしたい学校と思います。

≪ナショナル大学(インドネシア):アスニ≫

 初めて日本に来た時、寂しい感じがしました。日本人となかなかしゃべれなくて、よく一人で寮の部屋にいて、これから4ヶ月間、聖心女子大学で勉強ができるか心配でした。日本人は外国人とあまり話さないと想像していましたが間違いでした。みんなは私達留学生にいつもやさしくて、手伝ってくれてよかったです。最初の授業の時、全て日本語で説明され、きんちょうしました。しかし、先生はいつもやさしく説明されて、分からないことがあれば先生に聞いて、すぐ答えてくれ、分かりやすくなって、嬉しかったです。それだけではなく、今はたくさん友達ができて、いい経験もできました。
 今は日本で勉強が終わってもずっと日本語を一生懸命勉強します。ずっとここにいたいですが、まだたくさんやることがあるので帰国しなければなりません。今までありがとうございました。

≪アサンプション大学(タイ):ナッタヤー≫

Seriously, I completely had no idea what this course is going to look like. I just wanted to expand my knowledge about Japan and its culture. However, the moment the course had started, I learned more than that. Through the intensive course, I got the opportunity to learn a higher level of Japanese. At the same time, I experienced Japan’s wonderful culture. I met and made lots of Japanese friends which were so kind and helpful.

≪ブダペスト商科大学(ハンガリー):リリ≫

First, it was really hard to me to understand Japanese, but everyone was very kind and helpful so I could arrange everything. Living in the dormitory is a very good experience because this way we can see how the Japanese people live, interact and we can make friends, of course. Not to mention that the dormitory is on the campus, which was very comfortable for us.
The classes were well-structured and the teachers were always ready to help us. We had lots of programs, I liked the cultural ones the most. Learning the shodo (calligraphy), tasting ocha during the sado lessons, practicing Japanese dance and naginata, preparing Japanese dishes, all of them was very interesting.
This program really helped me a lot to improve my Japanese. I would recommend this program to anyone who wants to learn Japanese and get unique experiences of a wonderful culture and place, like Japan.

Voices of Participants (Spring Summer Semester 2015)

≪白石大学(韓国):ユジョン≫

 一言で聖心女子大学を紹介すると、夢を持ち、自分の夢のために熱心に勉強する学生がいて、その学生のためのサポートを惜しまない大学だと思う。この大学に来たのをきっかけに、自分の夢について、また、次なる一歩について考えるようになった。そして、勉強も大事だが、クラブや国際センターで行う文化体験にも参加した方がいいと思う。短期留学生が受ける授業だけではなかなか日本人の学部生と接する機会がないので、クラブ活動をすれば、たくさんの人に出会い、友人になれると思う。後、個人的な感想だが、他の大学より文化体験のプログラムがよく組まれているので、楽しい大学生活になれるとおもう。

≪ナショナル大学(インドネシア):ラディテ≫

留学するにおいて今、日本語で話しているときにもう緊張していません。日本語はまだ上手になりませんが、耳はもう慣れました。そして文法のクラスで日本人の先生に教えてくださってから表現のことはもっとよく分かりました。文章を書いたときに文法的だけではなく、その文章の意味ももっと考えさせました。現在の社会問題も知ることができました。クラスで毎週新聞記事を読んでディスカッションをしていろいろな自分の意見を言わなければなりません。そして日本伝統的な文化について経験しました。一番残っている印象はいけばなです。いけばなはフラワーアレンジメントと比べてぜんぜん違うのでいけばなをしているときにとても楽しかったです。いけばなにおいてわびさびのことが分かってきました。伝統的文化だけではなく、寮で住んでいるから日本人の生活習慣についても少しずつ分かってきました。たとえば食文化やお風呂に入ることです。
大変だったことは最初だけでありました。初めて日本へ来たとき寮で炊飯器と選択機の使い方は分からなくて、道はまだ知らなくて、家族が会いたくて、友達もまだ少しできませんので悲しくなりました。しかし少しずつなれましたから、楽しくなりました。クラスにももし難しいことがあったら他の学生は助けてくれたから授業を続けることができました。
楽しかったことがもちろんたくさんあって、たとえば日本人の友達だけではなく、他の国の友達もできました。そしてみんなと一緒に有名な場所を来て、たとえば浅草や江ノ島や明治神宮やお台場も一緒に来ました。前はそのところについてネットや雑誌だけに読みました。実際に見えて、とても嬉しかった。その他博物館が好きなので東京で博物館がたくさんありますからとても嬉しかった。スピーチも忘れられない経験になりました。スピーチをした後クラスの前にもっと自信を持っています。
聖心女子大学で勉強しましたので日本語と日本文化はもちろん他の国の文化も勉強することができました。

≪輔仁大学(台湾):シンユ≫

聖心女子大学にいる四ヶ月はあっという間に過ぎ、色々な方にお世話になりました。以前にも日本には旅行で来たことがありますが、今回は初めて一人で生活しました。洗濯や料理など全部自分でしなければなりません。そのおかげで、料理ができるようになり、これまで母親がしてきてくれたことに改めて感謝を感じました。
親切にしてくれた国際センター職員の方々、日本語を教えてくれた優しい先生方、困ったときに助けてくれた学寮の職員の方々、本当にありがとうございました。そして、色々なイベントを行ってくれたSCEの皆さん、学寮生活で出会った友達の皆さん、ありがとうございました!皆さんのおかげで、いい思い出が出来ました。

≪輔仁大学(台湾):ユーニン≫

聖心女子大学の短期留学生活は素晴らしいと思います。色々な日本文化体験ができ、日本語の授業も充実していて、毎日豊かな生活が出来ました。また、台湾にいるときは、「歩く」ことがあまり好きではありませんでしたが、日本ではよく散歩をしました。散歩をすることで、綺麗な景色や面白そうなお店など、毎回新たな発見があるからです。日本の街はとても気持ちが良いです。

≪輔仁大学(台湾):セキイ≫

 私にとって、ひとり暮らしは最初怖かったですが、今回の留学を通して慣れました。自分で家事をすることが出来るようになり、また、一人で旅行に行くこともできるようになりました。勉強面でも、たくさんのことを学びました。
 日本での留学は本当に楽しかったです。それに、たくさんの経験を積み、たくさんの思い出ができました。

≪ヴェネチア大学(イタリア):キアラ≫

留学のおかげでいろいろな経験ができて、四ヶ月についての考えを数語で要約するのは本当に難しいです。毎日、聖心女子大学の授業を受けて、日本語の能力を生かすことだけではなくて、日本人の考え方を自分の目で確かめることもできました。毎週日本語、中国語、国際交流自習、Media Communication の授業も受けていました。初めは勉強が本当に忙しかったから、なれないかもしれないと思いましたが、先生が優しくしてくださったのでだんだんなれてきました。他の外国人の学生と一緒に日本文化的な授業や体験をしたのでうれしいです。日本文化的な授業といえば、一番面白かったというと、日本料理の授業でした。親切な先生が来てくださって、おすしとかしゃぶしゃぶとかいろいろなおいしい料理の作り方を教えていただいて皆で一緒に作って食べるのを楽しめました。
留学をする前の私は今の私と比べて、本当に変わってきたと思います。世界の中で経験を積んだりすることで、自分の視野を広げることができたと思います。

≪ヴェネチア大学(イタリア):ジュリア≫

 留学の期間はあっという間に過ぎましたが、すばらしかったです。授業のテーマはいつも面白くて、よかったです。例えば、宗教やジェンダーなどのような社会的な話題について話して、様々な国からきた留学生と交流する機会がありました。また、日本語の能力は本当に伸ばしたような気がします。
 学寮の生活も楽しかったです。毎日、友達と映画を観たり、食堂で一緒に食事をしたり、するのはとても楽しかったです。その上、寮で日本人の友達をつくる機会はたくさんです。寮に住んでいる学生と先生はいつも優しくて、まだ日本の生活に慣れていない私を色々助けてくださったので、有難いです。でも、勉強のことばかりか、東京を楽しめるのもすばらしかったです。いつも楽しいことをできるし、国際的な町だし、東京はすばらしいです。

≪ヴェネチア大学(イタリア):エリーザ≫

2015年の4月から8月まで聖心女子大学で短期留学をさせていただきました。私にとっては初めての留学経験だったので、はじめは不安に思ったことがたくさんありました。日本で日常生活をきちんと送ることができるのでしょうか。机の上でしか勉強していない日本語でコミュニケーションすることが実際にできるのでしょうか。このような小さなトラブルを毎日乗り越えようとする意思で4ヶ月過ごしました。 学生生活はとても楽しかったです。様々な国から来た人と出会って、友達になることができました。留学生のみんなで授業や遠足するのはいい思い出になります。帰国したら、次に会う機会を楽しみにしています。大学の授業はとても興味深かった。来たばかりの私を振り向いて見ると、本当に上達できたことが自覚できます。日本語以外の授業もかなり面白くて、自分を支える知識になったと思います。
この大学に来る機会があって、とても嬉しく思います。 いい思い出をたくさん作ることができて、良かったと思います。

≪ヴェネチア大学(イタリア):ジネーブラ≫

私は東京がはじめて、すぐ気に入ってしまいました。素敵なまちだと思います。留学中は学寮に住んでいて、学寮の担当の方はとても親切で、よく手伝ってくれました。学寮に住む学生は、外国のことに興味があまりない人が多く、友達になるのは少し大変でした。それでも、優しくて、ていねいな人たちと出会って、仲良くなりました。
受けた授業も良かったと思います。先生がとてもわかりやすかったです。文法の勉強や発音の練習ができた上、ディスカッションやトピックに関する話をしたり、新聞の記事を読んだりしたので、実際に役に立ったと思います。それから、国際交流の授業に参加しました。日本語でいろいろな発表をするチャンスがあったので、自信がつき、とてもいい経験になったと思います。最後に、茶道、書道、日本料理の授業にも参加できて、楽しかったです。そして、他の国から来た留学生と一緒に鎌倉で観光をし、いい思い出になりました。

≪ヴェネチア大学(イタリア):ルチア≫

これは日本で初めての経験でした。聖心女子大学に着いた時、皆は親切に挨拶して、友達ができました。はじめは自信がありませんでしたが、失敗しても、頑張って、日本語の練習をしました。
 授業の時、いろいろなことについて話したり、新しい語いや表現の勉強をしたりしました。先生は日本の伝統的な文化についても教えて下さったので、前は知らなかったことを分かりました。先生は親切で、面白い授業をしたので、楽しい時を過ごしました。それに、日本語の授業だけではなく、日本の文化の授業もありました。生け花、書道、茶道などの授業でした。イタリアにはこの授業が全然ないので、本当に新しくて面白い経験でした。
 日本で違う生活をすることによって、違う考え方や生活スタイルを分かりました。それに、イタリアの文化も客観的に見ることができるようになりました。
一生懸命勉強して、日本の文化の体験ができたので、充実した毎日を送りました。

≪ヴェネチア大学(イタリア):スーザン≫

日本で留学をするのは簡単なことではありませんでした。私の日本語のレベルは高くなかった上に日本人は英語はあまりできないことを気付きました。ですから、初めにとても困りました。でも、だんだん日本語をわかるようになって、日本人の友達に手伝ってくれたので留学の経験は素晴らしくなりました。
 もちろん、クラスは大変でしたが、先生はとても優しかったです。それに、留学生のためのイベントがいろいろありました。例えば、てるてる坊主を作ったり、一緒にスイカを食べたりすることがありました。日本文化の活動もありました。茶道、生け花、日本料理、琴と三味線を弾くなどです。一番好きなのは書道の授業でした。書道の授業中、先生はいろいろなことを教えてくださって、本当に楽しかったです。筆を使うのは下手でしたが、先生はいつも正しい書き方を見せてくださって、本当に感謝しています。
 聖心女子大学で留学をするのは私の人生で最高の経験の一つでした。

≪ヴェネチア大学(イタリア):マウラ≫

私は今年日本へ前期留学をしました。日本に着いたばかりの頃、日本人が言っていたことがあまりわからなくて、話すことがとても大変でした。しかし、一か月間過ごして日本語がますます理解できるになり、会話力も伸ばすことができました。
私にとって、聖心女子大学で勉強するのはとても楽しかったです。日本人の友達ができて、日本語がより得意になり、自信がつきました。寮はキャンパスの中にあるので、授業にいくときは便利であり、お金も時間もかかりません。先生も国際センターの方もとても親切で、学生が何かわからないことがあったら、いつも説明したり、やり方を教えたりしてくださいます。授業がおもしろく、楽しいところもありました。特に、発音の授業は本当によく、VTRの授業も本当に楽しかったです。宿題があっても、テストもかなり多くても、遊びに行く時間がたくさんありました。友達と東京を見物することができました。とてもいい経験でした。

≪オーストラリア・カトリック大学(オーストラリア):エインズリー≫

Studying at University of the Sacred Heart, Tokyo has been a challenging and rewarding experience. Immersion in a Japanese college has improved my Japanese beyond my expectations and I feel that the semester has been an invaluable part of my university education. The comprehensive cultural program allowed international students to have some authentic insights into Japanese culture and the classes were very engaging and fulfilling. The university is located central to many lively areas, however, is conveniently situated in a beautiful and quiet neighbourhood which is well appointed with restaurants, supermarkets and other amenities close by. I would highly recommend University of the Sacred Heart, Tokyo for students who want a truly Japanese experience and are serious about improving their language skills and being immersed in Japan.

close